歌う寺嫁 さちこの つれづれ精進茶和日記

sachikoa.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

電車のなかで歌います!

あんなに待ち遠しかった桜も新緑に向けて葉を伸ばしはじめましたね。

毎日おんなじようなことを繰り返していると気がつかないけれど、
自然の成長に目をやると、確実に時間が流れているということにはっとします。

時間のながれとともに、わたしの音楽活動も意外な方向へと展開しつつあり、
どこに向かっているのかもわからないまま「今ここ!」をたのしんでおります。

病院のリハビリ室での生歌ライブ、朗読のピアノ伴奏ときて・・・、

次はなんと

「電車の中でライブ!」であります♪

長野電鉄に務めている友人に誘われて、あまりのたのしそうな企画に二つ返事でのりました。(電車だけに。)

走るローカル線の中で、流れる景色の中で歌えるなんて、なんてたのしい企画でしょう!!
5月20日(日)、一家族何人でも6000円で参加できます。

今回はピアノはなく、オハラナオキさんがギターで伴奏をしてくれます(^-^)♪
音楽仲間の皆さん、応援演奏してくださる方がいましたら声をかけてくださいませ。
いっしょに楽しみましょう!

詳細はこちら↓
e0239118_940445.jpg

[PR]
by SachikoAkimoto | 2012-04-26 09:41 | 音楽 | Comments(0)

写真

90's、学生のころはじめたカメラ。
あのころはアナログのフィルムカメラがまだまだ流行っていて、デジタルカメラはわたしにとって遠い存在でした。

あれから十数年。
フィルムカメラにこだわっていたわたしも、友人のすすめで半信半疑でデジタルカメラを買い、
ときどき記録写真を撮るようになりました。

とはいっても、ときどきフィルムカメラでも撮影したりしているので、
きのう久しぶりに写真の現像を出しに松本のお店「office Zen」に行ってきました。

何を撮ったのか忘れているほど前のフィルムを現像してもらうと、昨年の夏に撮った写真ができてきました。

この時差をたまらなく尊く感じました。
デジタルにはないメッセージです。

そして写真を一枚一枚見ていると、目をひくものがありました。
同じものを同じような構図で、デジタルとアナログの両方で撮ってみた写真があったのです。

これは↓デジタル
e0239118_8511573.jpg


これは↓アナログ
e0239118_9171480.jpg


すごい違いです!
違いすぎです!

一度デジタルを触ってみたからこその確信でありますが、
デジタルカメラに写るものは「目の前の物」、フィルムカメラに写るものは「撮影者の思い」なんじゃないかと感じます。

このときわたしは、確かに、「青いトマト」を撮りたかったのではなく、青いトマトを通して「その瞬間の自分」を撮りたかったのだと。

今はいろいろと加工できるデジカメやソフトもありますが、
アナログが届けてくれる「時差」や「目にみえないもの」は、
「時短」がもてはやされ「あふれる物」に埋もれている現代の日本にとって
大切に守るべきものなんじゃないかと、少なくともわたしにとってはそうだと思いました。

ときにはデジタルも便利。
変わらずアナログも尊い。

写真に興味を持っている方、フィルムカメラが家に眠っている方、
松本の「office Zen」で一度プリントしてみてください。
凄腕店主の焼きにびっくりすると思います!

大切なことを思い出したいちにちでした。
[PR]
by SachikoAkimoto | 2012-04-13 09:31 | 写真 | Comments(4)

昨晩、権堂ネオンホールにてボスダブのレコ発ライブイベントが無事におわりました。
来てくださったたくさんの皆様、本当にありがとうございました!

十数年活動を続けてきたバンドの、初めての音源が形になり、たくさんの人が祝ってくださり、
本当に感無量な夜でした。

実は何度もやめたいと思ったこともありましたが(!?)、つづけてきてよかったなぁ・・・と
心から思えるライブイベントでした。

ボスダブが発足し、活動の拠点としてきたネオンホールにも、改めて感謝と愛着を感じました。

対バンの「チョコレートタウンオーケストラ」、「ダルゥ」、「正垣祐樹」さん、
縁の深いアーティストとの共演も本当にたのしかったです!

4月だというのに朝は雪が舞っていたり、空気がピンと張るような冷たさだった昨日、
満月の夜に、長年つづけてきたことが形となって開かれ、
今日は一気に春の空気に包まれた解放感たっぷりの休日となりました。

大阪から最高のステージを届けてくれた正さんを囲んで仲間が集まり、
昼のそば屋で一杯!
皆、家族が増えたり、体重が増えたり(!?)、刻々と変化しながらも、
変わらないものを感じながら、たのしい時を過ごしました。
音楽をつづけられること、仲間が元気でいてくれること、いっしょに笑いあえること、
大きな恵みに感謝です。
e0239118_1854195.jpg


正さんを見送って街をぷらぷらと歩きながら、すっかり春めいた長野に抱かれて、
時のとまったようなこの二日間の余韻に満たされているところです。
e0239118_18591455.jpg

e0239118_18593228.jpg

明日からも、毎日を丁寧にたしんで、新しい歌を作っていきたいな。


・・・そういえば、行く先々のお店の時計が全部止まってたのがおかしかったな~。
本当に時のない二日間だった!
[PR]
by SachikoAkimoto | 2012-04-08 19:03 | 音楽 | Comments(2)