歌う寺嫁 さちこの つれづれ精進茶和日記

sachikoa.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

身心脱落

なんだかここ3日ほど、毎日ブログを更新しています。
今までの停滞を反省するかのような、更新の仕方・・・。
こんな反動で進むような生き方はいけませんね・・・笑。

「反動」って、相反するもののどちらか一方に力んで、もう一方のベクトルへと力み直す、というようなことだと思うのですが、
変に力が入ると、どうも不自然な事態に運ばれるような気がします(^-^;
時には力むことも必要ですが。

最近、新しいオリジナル曲やカバー曲を歌うようになり、なんとなく自分の声に違和感を感じるようになりました。
自分の表現したい世界感と、自分の歌声が一致しないのです。
う~ん、困った。笑

今までは「叱咤激励」するような歌を作っては力をこめて歌っていたのですが、
最近は、やわらかな歌をうたいたい気分なのです。

いや、叱咤激励の歌でもやわらかく歌いたいのです!

どうしたらやわらかい声が出るのかといろんなことを研究してみると、ある言葉にたどりつきました。

「脱力」です。

舌根や首や肩の筋肉、はたまた腹筋までも、脱力して声帯を鳴らすと、
やわらかい声が出る(らしい)のです。

ちょっとやってみたところ、うん、確かに声が安定していて、のどが鳴りやすいです!

という話を夫にしたところ、夫がひとこと。

「身心脱落(しんじんだつらく)だなー。」
と、ぼそり。

「え?何それ?」と聞くと、
曹洞宗の開祖である道元禅師が中国へ行って学んできた言葉らしいです。

身もこころも力をぬいて、力むことなく、ただ座っていると、身もこころも脱落していく・・・。
みたいなことらしいです。

でも、身もこころも脱落したら、そこに残るものは何??

禅っておもしろいですね。
歌い方、声の出し方について研究しているうちに、すごいことばに行き当たってしまいました。

ソロ弾き語りで歌うときは上手に声が出るのに、バンドで大きな声を出すと、途端に下手になる・・・。
これ、わたしの悪癖なんですが、これも力みのせいなのではないかと思案中です。
バンドとなると声量をあげなくてはいけなくなり、「さぁ~!歌うぞぉ~!。」とはりきってしまうのですね。

脱力、脱力。・・・ひいては、脱落、脱落。身もこころもなく、声のみ、みたいな。
理想ですね。

ちなみに夫は、修行中にその感覚を味わい(本当かどうかは本人にしかわからないけど!)、
先輩お坊さんに「座禅のときに自由を感じました。」と言ったら、先輩に
それは「自在」って言うんだよ。と教えてもらったらしいです。

「自在」かぁ~。
身もこころも脱落して無くなってるのに、わざわざ「在る」って言うなんて、
禅ってなんてひねくれてるのかしら!

わたしも歌うときには「脱力」をこころがけて声を出してみようっと。
どんな歌声になるか、自分でもたのしみです(^-^)♪
[PR]
by SachikoAkimoto | 2013-02-26 16:08 | 音楽 | Comments(0)

PTAの役員

娘の小学校の、平成24年度のPTAの役員の仕事が、
もうじき終わろうとしています。

そうです、この1年間、役員になってしまい・・・、いろ~んな経験をさせていただきました。

わたしが担った役目は「校外指導部」。
その名のとおり、こどもたちの成長と安全のために、学校外の活動を担当する仕事です。
ひとことで言えば「町のこと」です。

こどもたちが安全に登校できるようにお母さんたちが交代で朝の横断歩道に立つ「旗当番」。

夏休みのプールの行き帰りや活動を見守り、且つ、何かあったときのためにAEDや心臓マッサージまで勉強する「プール当番」。
などなど、いろいろな町の活動のリーダーというわけです。

リーダーの校外指導部は、旗当番やプール当番の表を、公平に作成したり、
「こどもを守る安心安全の家」に登録してくださっているご近所のお店(コンビニや、クリーニング屋さんや、家具屋さんなど)にあいさつにまわったりするのです。

そして年度末の今、今度は「来年度の新名簿」などの作成に追われています。
いやはやこういう事務仕事はひさしぶりで、頭が良くなった気がします。(気がするだけ)
ふだん、メロディーや詩のことばかりぼんやり考えているので。笑。

一年間活動してみて感じたことは、こどもの安全を守るために存在してくれている大人が、町にた~くさんいるということです!
こどものいないお店でも、快く安心の家として見守ってくださったり、
旗当番のお母さんたちもみんなで協力して、朝の忙しいなか時間を作って道に立ったり(連携プレーがすばらしい)、
いつもこどもたちが通る大型駐車場の出入り口の警備のおじさんは声をかけてくれるし、
何かあればすぐに心配してくれる人たちがたくさんいました。

こどものためにと思ってやっていることが、実は大人をつなげたり、コミュニケーションの元になっているのですね。

うちの辺りは駅に近く町なかですが、声をかけてくれる人がいるというのはほっとするものですね。

つい面倒くさがったりしがちな「人とのかかわり。」
とても大切だとまたまた勉強になったのでした。

さて、名簿のつづきを・・・。

*BGMはJoyce♪で。
[PR]
by SachikoAkimoto | 2013-02-25 11:38 | 育児 | Comments(0)

銀色の道

新年のブログ更新からずいぶんと時がたってしまいました・・・(^-^;
パソコンが壊れてしまったり、修理があがってきてもなかなかパソコンのある部屋が寒かったりで(笑)、ご無沙汰してしまいました。

が、おかげさまで元気に過ごしております!

2013年がスタートしてあっというまに2ヶ月がたとうとしています。
この間に身辺でいろんなことが新しくなりました。

まずは、娘がサルサダンスを始めたこと。
e0239118_11352944.jpg

おしょうくんのイベント「ミュージックカフェ」でダンスを披露してくださった瀬在絵里子先生のキッズサルサクラスに入りました。
お友達も保護者のみなさんも、クラス全体が自由で明るく、我が家も一家でたのしませていただいております。
先日、初めての発表の機会がありました。
篠ノ井の文化祭の大きなステージで、堂々と踊るこどもたちを見て感動してしまいました。
そして、子どもたちに寄り添いながらいっしょに泣いたり笑ったりしてくれる先生。とっても素敵です!
末永くよろしくお願いいたします!
この子たちが大きくなったらどんなチームになるのか、今からたのしみです。


それから、長年活動しているバンド「ボスダブ」が新しくなりました。
e0239118_11383678.jpg

ベースに↑「あらちゅー」を迎え、心新たに再発進です。
って、なんでこの写真やねん!
これは新年にメンバー&その家族たちで集まってミーティング(という名の飲み会)をしたときの一コマ。
フラフープはいまいちですがベースはピカイチです☆
3月1日にネオンホールにて初お披露目ライブがありますので、よかったらぜひ足を運んでください♪


それと、きのう長野市内のお店はくな・またた
にてライブしてきました♪
e0239118_114596.jpg

e0239118_11452349.jpg

セットリストのほとんどが新曲という、心機一転、歌い初めライブとなりました。
最新のオリジナル曲「銀色の道」を披露しました。
雨で濡れたアスファルトに、雲の切れ間から日差しが落ちたとき、道がピカーッ!と光るときってありますよね。その道が銀色に見えるほどの強い照り返しを見たときにインスピレーションがわいてきて生まれた曲です。まだ練習不足でしたが、ゆうべはどうしても聞いてほしいお客様がいて挑戦しました。
自分にとっても新しい一歩となりました。

対バンのカズやんは、若くて鋭い感性がギラギラしていて、全身全霊なライブが刺激的でした。
やまちゃん&田中さんは、音楽好きの音色がじんわりと響いて、とても心地よかったです。
また、はくなまたたの、オーナーの気さくな雰囲気と、音楽好きの集まる感じにほっとしたり、
寒いなか足を運んでくださった方々への感謝で、とてもあたたまる良い時間を過ごさせていただきました。



そしてこの冬誕生日を迎え、30代の後半に突入しました。
e0239118_11505360.jpg

わたしの存在を支えてくれている家族に感謝して、今年も邁進していきたいと思います。

今日はにちようび。
娘と学校の課題のあれこれをやったり、図書館に本を返しにいったり、マイペースに骨休めです。

みなさんもよい休日をお過ごしくださいね(^-^)♪
[PR]
by SachikoAkimoto | 2013-02-24 12:00 | 音楽 | Comments(0)