歌う寺嫁 さちこの つれづれ精進茶和日記

sachikoa.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

手を動かす

先週のあの大雪の日。
実は人生初の救急車沙汰になってしまいました…。

友人家族と共にエムウェーブにスケートに行き、わたし(←スケートど素人)が転倒し後頭部を強打してしまいました。

娘や友人家族を夫に任せて、ひとり救急車に揺られる日暮れの雪道。

「あー やっちゃった…。」

と、何度も心の中でつぶやいているうちに市民病院に到着。
いろいろと様子を診ていただきましたが、今のところ家に帰って安静にしていてください、とのことで帰宅しましたが、頭の中で微細な血管が切れている場合、じわじわと出血が続いて1~2か月後にくも膜下出血の症状が表れるとのこと。その場合はすぐに救急車で来てください、と。


え、えぇー・・・?!
すごい不安!!


その上さらに翌日から夫は仕事の研修で台湾へ行ってしまい、すごーく不安!!

じわじわくも膜下なのか、実は全然出血していないのか、このはっきりしない感の不安ったらないですよね。
いつろれつがまわらなくなるかもしれないし、手足が麻痺するかもしれないし、後遺症が残るかもしれない。

うぅ~ん、恐い!!

が、しかし、今のところなんともない!!

ということで、夫が帰国するまでひやひやしながら一分一秒を過ごしています。

が、そうです、わかっているんです、こんなときは!

「不安や恐怖にフューチャリングしちゃ~いけない!」

禅の世界でも、煩悩は必要ないもの。
不安や恐怖はなるべく手放したほうがいいのです。

ということでやたらと手を動かすことに決めました。

料理です。

毎日いろいろな野菜を使って、段取りを組んで、なるべく無駄のないようにと集中して作業します。
すると、その間は目の前のことに夢中!
これぞ煩悩のない状態。またもや禅に救われています。

でもまた不安はやってくるんですけどね。

そしたら次の作業を探して、できる範囲で実行。

もし症状が出たらすぐに病院に行くことだけを胸に、今を明るく過ごせたらと、工夫して生きています。笑

ちなみに今日は、シチューのもとがなくても作れる簡単シチュー。
e0239118_19522126.jpg

好きな野菜を少量の油で炒め、だし汁で煮て、柔らかくなったら豆乳を投入(つらい時ほど笑おう!)。塩で味を調えて、最後に葛でとろみをつければ出来上がり!
素朴であたたまる冬の一品です。

e0239118_19545097.jpg

こちらは、皮ごと輪切りにしたれんこんに片栗粉をまぶして揚げ、醤油&みりん&てんさい糖をまぜた下味に浸しておくだけ。下味をつけずに、揚げたてに塩をふって食べてもおいしいです。

e0239118_19565054.jpg

これはおやき。具はキャベツを味噌と生姜で炒めたもの。娘といっしょにえっちらおっちら作りました。

手を動かした後は、おいしくいただく。

これですよ。

そして今日も無事に過ごせたことに感謝。

もしかしたらくも膜下じゃなくても、いつもこんなふうに過ごせたらいいんじゃなぁい?!なんて思ったりもします。

1日1日を命懸けで悔いのないように生きる。大袈裟ですが。

またまた気付きをいただきました。

そしてこのままなんともなく治りますように!

あとは天にまかせて(*^^*)
[PR]
by SachikoAkimoto | 2014-02-13 19:33 | 精進料理 | Comments(0)

仲間の言葉 仲間の音楽

今日は、いつもわたしの音楽活動を支えてくれているたけぞうさんの家に遊びに行きました。
たけぞうさんはあたたかみのある生音を録音で再現できる凄腕&感性の持ち主で、そんなたけぞうさんの元にたくさんのミュージシャンたちが自然に集まってきます。

今日は、わたしの2ndアルバム「春のうた 夏のうた」に参加してくださったチェロの片山さんや、
初対面でクラシックギタリストの白柳さんもいっしょに話したり演奏したり、
本当に充実した時間をいただきました。

e0239118_17542110.jpg


音楽の話をしているつもりが、だんだんと発展して人生の話?!になったり、最近感じていることや気づいたことなどを思いのままに話し合うことができ、とても感動しました。

今日わたしが大きく頷いたこと。
「経験を捨てる。」
「状況を判断しない、意味は後からついてくる。」
「無意識に自分の出したい音を探す。」
「それらは、ふっと力のぬけたときにできる。」
などなど。

みんなそれぞれの道を行きながら時々こうして確認しあい、
いっしょに音を奏でたり笑ったり。

e0239118_1811970.jpg


仲間の言葉や仲間の音楽の響きに励まされ、わくわくし、自分もまた自分の道を行くのだなぁと感じた一日でした。
[PR]
by SachikoAkimoto | 2014-02-06 17:48 | 音楽 | Comments(0)