歌う寺嫁 さちこの つれづれ精進茶和日記

sachikoa.exblog.jp
ブログトップ

スーパーネオンホール2011冬

いよいよ寒さも厳しくなってきました。
ピリッ!としまった寒気に触れると「信州だなぁ」と毎年思います。

今年も権堂ネオンホールの恒例イベント「スーパーネオンホール」が開催されます。
今回はボスダブではなく、ソロ弾き語りで出演させていただくことになりました。
(ソロでの出演は何年ぶりだろう?ありがとう。)

ボスダブはただいまCD製作中です!
今度こそ本当に完成します!?(このセリフ、4年間言いつづけてきた・・・笑)
おたのしみに(^-^)♪

スーパーネオンのわたしの出演時間は、18日(日)午後2時30分からで、トップバッターです!
今年は昼間のスタートのようで、明るいうちからライブがたのしめます。
お子さん連れの方もどうぞお気軽に足を運んでくださいね☆

それと今年は出演者が1曲ずつ参加したコンピレーションCDがお土産にいただけるようです。
わたしも弾き語りで参加させていただきました。
チョコレートタウンオーケストラのハラコウタ君の「トラベリン ライト」という名曲をカバーさせてもらいました。
本当に名曲です。
涙がでますね。
芸術家の愛は地球規模に日常を満たしているんだな・・・と感じました。
ライブでも歌わせてもらおうと思っていますので、ぜひお立ち寄りくださいませ。

2011年ももうあと半月ですね。
今年やり残したことや、大掃除といっしょに気持ちの整理もしたいと思います。
今年に感謝して、来年を迎えられますように・・・☆
[PR]
# by SachikoAkimoto | 2011-12-16 11:06 | 音楽 | Comments(0)

食べることは生きること

鬼無里の山へ、伝統食の勉強へ行ってきました。
厳しい山で暮らす人の知恵のい~っぱいつまったお料理を実際にいただきました。

期待以上に、度肝をぬかれる、半端ない、おいしさ。
そして、知恵。

食は「娯楽」ではなく「生きることそのもの」「文化」なんだなぁと、改めて感じました。
(娯楽の食もあると思いますが、それはハレの日ということで!)

e0239118_16254923.jpg

素朴な建屋。

e0239118_16262945.jpg

農作業に適したつくりの家。

e0239118_16265696.jpg

食前にいただいたお漬物。美味!

e0239118_16273011.jpg

干し野菜を使ったお煮しめ、油いため、金糸瓜。
昔の人の食事の量って、こんなに少ないのぉ~!?とびっくり。
いかに今の人たちが食べすぎ社会を生きているのかが実感されます。

e0239118_16291011.jpg

手打ちそば。
鬼無里は山の斜面が多く、小麦よりもそばのほうが栽培しやすかったそうです。
お米も栽培しにくく、一日一食は粉ものを食べていたそうです。

e0239118_16303898.jpg

そばつゆには鬼無里特産の「えごま」を入れて。
香りとコクが増して、本当においしい。

e0239118_16313559.jpg

最後に、ゆで残ったおそばの端切れをついて揚げたそば団子を出していただき、
本当に豊かな食を堪能させていただきました。

e0239118_16323939.jpg

東京から鬼無里へ嫁いでこられたという店主さん。
すっかり山の人になっておられて、鬼無里の食を継承しようと実践されています。
すばらしい出会いに感謝です!!

信州には豊かな山と、伝統があります。
食は、その中に生まれ息づく立派な「文化」です。

わたしも信州の嫁として、伝統食をふつうに作って、食べて、暮らしていけるようになりたい!
今度おやきを教わりに行こうと思っています。
ご興味のある方はお声をかけてくださいね☆

いい一日でした。
[PR]
# by SachikoAkimoto | 2011-12-06 16:37 | 精進料理 | Comments(0)

しあわせ音空間vol.11

先日須坂市ヤンネにて
「しあわせ音空間vol.11」がありました。

今回はゲストに平林キャプテンが来てくれて、たのしい時間となりました。
e0239118_11335480.jpg

e0239118_11341137.jpg

キャプテンのソロは初めて聴いたけど、意外と声が高くて大きくてびっくり(笑)
いい歌だったなぁ~。
バンドで聴いてみたい曲がたくさんありました。
キャプテンがギターボーカルのバンドとか、いいと思うんだけどなぁ~!
また遊びに来てほしいです♪

e0239118_11371484.jpg

やすみくんも自分の枠を超えるアニソンに挑戦!
手拍子ひとつでアカペラとは!
早くも忘年会の雰囲気を漂わせるたのしいステージでした。

e0239118_11383894.jpg

e0239118_113854100.jpg

ママ&こどもたちも、のびのびしていて本当にうれしい!
家にこもっていると息がつまるよね。
どんどん人と会って、笑って、いっしょにひらいていこうね!

e0239118_11402199.jpg

e0239118_11404028.jpg

ヤンネ1Fも大きく表情を変えていました。
薪が燃える音、土のにおい、火の力。
ヤンネの建物もお店もますますパワーアップしますように☆
いい場だなぁ。

わたしも今年は月1でこのイベントをさせていただき、
もっとこどもと音楽がしたい!と感じました。
で!来年はお寺でリトミック(みたいなこと)をやりたいなぁと考え中♪
こどもの体と心を、たのしく音楽で結ぶ、というようなことをやってみたいのです。
そして最後にママたちのために1曲歌って、お茶とお菓子とお漬物でひとやすみ。
みたいなことを考えています!
最近、学校の子どもたちのために歌を作ったりピアノを弾いたり、
「子どもと音楽」に縁があるようです。
来年もますますたのしんでいきたいな♪♪♪
[PR]
# by SachikoAkimoto | 2011-12-04 11:47 | 音楽 | Comments(0)

東京にて

先日、久しぶりに夫と東京へ行きました。
ショーロクラブの「武満徹ソングブック」というアルバムの発売ライブを見てきました。
アルバムに参加しているゲストボーカリストたちが全員登場するという豪華なステージ。
大好きなAnn Sallyさんや、沢知恵さんや、おおたかしずるさんや、おおはた雄一さんら数々のすばらしいアーティストが武満さんのやさしい歌を聴かせてくれました。
ショーロクラブの3人は、ものすっごい上品な演奏をしながらも、見たかんじはちょ~普段着のおじさんたち。
飾らない音に涙があふれました。
e0239118_11174594.jpg

↑ライブ後、ファンにサインをするAnnSallyさん。
繊細なオーラと、てらいのないたたずまいが印象的でした。

コンサートを堪能した後、いっしょに演奏を聞きに行った友人のお宅へおじゃましました。
彼のおもてなし精神はすばらしく明るくて、本当に楽しい時間をすごさせていただきました。
夫もめずらしくよく笑っていて、うれしかったです。

さらに、わたしの体調を気遣って野菜料理をたくさん作ってくれた奥さまと、ご友人の洋子さん。
本当に次々といろんな料理を作り上げ、すごいおふたり!
女の人が台所で料理をしてくれるのって、ほんとうにすばらしい!と感動しました。
e0239118_11235867.jpg

e0239118_11242062.jpg

e0239118_11243693.jpg

e0239118_11245255.jpg

e0239118_11251456.jpg

e0239118_11253164.jpg

あたたかい料理が食卓に並んで、みんなでおいしいおいしいと言い合って食べる。
たわいもない話をしながら、音楽を聴きながら、笑って時を共有する。
本当に人間的であたたかなひとときでした。
コンサートの感動以上に!?しあわせでした。

東京で誰かの手料理が食べられるなんて思ってもいなかったし、
場所はどこであれ、そこに誰かがいてくれて食事を作ってくれることって、
ほんとうにありがたいことなんだと、つくづく感じました。

うちももっと片付けしてきれいにして、人をおもてなしできるようにしたいな。

あたたかな東京旅行。

ありがとう。
[PR]
# by SachikoAkimoto | 2011-11-19 20:20 | 健康 | Comments(0)

アサガオの歌

娘のクラスの担任の先生が作詞・わたしが作曲した、アサガオの一生を歌った歌「ダイヤモンド」。
入学してすぐに、お兄さんお姉さんからもらったアサガオの種を育てて、また種を収穫した子どもたちの一年間の様子を
先生のアイディアで歌にしました。
タイトルは、ひとりの子が種をみて「ダイヤモンドみたーい!!」と言ったところから付けられたそうです。

今日は研究授業でたくさんの先生たちが見に来るなか、アサガオさんとのお別れの授業が行われました。
枯れてしまったけれど種をのこしてくれたアサガオさんに感謝してみんなで灯篭をつくったらしく、
体育館のステージを真っ暗にして火を灯しました。

「きっとこどもたちは「ダイヤモンド」を歌いだすだろうから、おかあさんこっそり伴奏に現われてピアノを弾いてくれませんか??」
という先生のナイスサプライズアイディアで、自分も手元を照らすろうそくを一つもって体育館へ行きました。

e0239118_16102485.jpg

真っ暗のステージに灯篭の火が灯ると、こどもたちはいっせいに「うわぁ~!!」と言って盛り上がり、
なぜかびんずる踊りを踊ったりしはじめ、
そのうち歌いたい~♪という流れになり、
みんな勝手にアカペラで歌いだしました。

そこへこっそり忍び込み、ピアノのふたを開けて伴奏を弾き始めると、
「だれ?だれ?」といぶかしがる雰囲気も一瞬ありながらもだんだん盛り上がってきて、
灯篭の明かりとこどもたちのまっすぐな声だけが、闇のなかに浮かびあがりました。

ピアノを弾きながら感動して泣きそうになってしまいました。

なんていい授業だろう!!
(アサガオの)命を火と歌と踊りで見送るなんて、人の原点じゃないかしら!

本当にすばらしい授業、そして先生だと思います。

アサガオとの日々が、灯篭と歌によって、幼いこどもたちの胸に刻まれた瞬間でした。

e0239118_16105982.jpg

本当にすばらしい瞬間に立ち合わせていただきしあわせです。
出会いに感謝です。

音楽っていいな。
人っていいな。

シンプルだけど、なんともこころの奥深くに響くいい授業でした。
e0239118_16115383.jpg

[PR]
# by SachikoAkimoto | 2011-11-18 16:13 | 育児 | Comments(0)