人気ブログランキング |

歌う寺嫁 さちこの つれづれ精進茶和日記

sachikoa.exblog.jp
ブログトップ

二胡のひびき

二胡のひびき_e0239118_206774.jpg

今日は後町小学校の3Fの教室「和顔堂」というところで
PTAの研修会があり、そこに二胡奏者の田村望園さんが演奏&講演にきました。

わたしも後町小のPTAになりすまして潜入してきました!
(が、さっそく知り合いに出くわしバレる・・・。)
やさしく受け入れていただき、あつかましくも最前列で二胡の音色を堪能させていただきました♪

木造校舎の、しずかな放課後の教室に、なんの音響機器も通さない生の二胡の音がひびき、
空気を伝ってみんなの元へ直に届きました。

望園さんの二胡の音色には、なんというか深さ・重さ・遠さ・温度・・・みたいなものがあり、
こみ上げる涙が止まらず、拭くのも間に合わず、頬を伝っていくのをそのままに、
泣きながら演奏を聴きました。

お話のなかにも胸に響くことばがありました。
「ここでやめたらまた元の自分に戻ってしまう、と思って、きつい二胡の練習をとにかくつづけました。」
ということ。
わたしも今、新しい自分(本来の自分)にむかって半断食をしていて、これは自分の中で大きな転機になると予感しているので、
断食を自分にとって「はじまり」ととらえています。
断食がおわったらまたお菓子を食べたり外食したりして、基本の食が崩れていくのが怖いと思っていたけれど、
どこかで覚悟をしなきゃいけないなぁ、それは今だなぁ、また元の自分に戻ってしまうんじゃなくて
腹を決めていかなきゃ!とはっきりと思えました。

それともうひとつ。
「あせらず ゆっくり 自分のペースで。」と言っていたこと。
そうか。他の誰と比べるのでもなく自分と向き合って自分を研ぎ澄ませていけばいいんだな。
と思え、肩の力がぬける思いでした。

二胡のひびき_e0239118_20195950.jpg

演奏がおわり、PTAの方より花束が贈られ、中には泣いている方もいらっしゃいました。
本当に人の胸をあたたかく打つすばらしい音色でした。

二胡のひびき_e0239118_20214689.jpg

終了後、二胡を触ってみたいという方に教えてあげたり、和気藹々とおしゃべりしている望園さん。
飾らず気さくな人柄が、二胡の音色そのもののようでした。

そして教室にグランドピアノがあったのを見て、
「いつかわたしが望園さんの二胡の伴奏をするぞ!」とこっそり思いながら
後町小学校をあとにしました。

二胡のひびき_e0239118_20252791.jpg

今日は断食5日目。
あまりの感動に、空腹感もわすれ、甘いもの食べたい欲求に襲われることもなく、
本当に瑞々しく清らかな気持ち(&からだ)でいちにちを終えることができました。

今日このタイミングで講演&演奏を聴けて本当によかったなぁと思います。
by SachikoAkimoto | 2011-11-10 20:28 | 音楽 | Comments(0)