歌う寺嫁 さちこの つれづれ精進茶和日記

sachikoa.exblog.jp
ブログトップ

潰瘍性大腸炎のカラクリシリーズ その4 煩悩との付きあい方&広島漢方

シリーズ最終回です。

前回、「煩悩に支配されない生き方とは?」ということでした。

わたしもまだまだ実験段階ですし、
煩悩自体、生きている限りなくなるものではありません。

というと
「煩悩とうまく付き合う生き方」と言ったほうがいいかもしれません。

「認められたい」
「大事にされたい」
「偉くなりたい」
「誉められたい」
「愛されたい」

などなど、潰瘍性大腸炎の発症につながる様々な煩悩。

なんといってもまずは、煩悩に「気づく」ことが何より大切です。

仕事や家事や勉強や育児に必死になっているとき
心身ともに疲れたとき
その心の元に上記のような思いがないかどうか。

動きすぎているとき
止まれない本当の理由は何か。

動きながらでもなんでも
自分を観察してみる。

そこに上記のような煩悩を見つけたら

「自分はこの煩悩エネルギーによって自分で自分を犠牲にしているんだな」

としみじみ味わうといいです。

そうしているうちに
自分でバカバカしくなってきて
煩悩エネルギーが減少していきます。
(不思議ですがわたしは本当にそう感じます。)

また、
この煩悩エネルギーは、実は
「自分のことしか考えていない」ことから
生まれます。

ということは
逆に
「人を思う」
ということへ意識を向けることでも
煩悩エネルギーを減少させることができます。

「いっしょにいてくれてありがとう」
「仕事を与えてくれてありがとう」
「あなたが笑顔になるように」
「あなたが成功するように」
「あなたがしあわせであるように」

と、相手のしあわせにフォーカスして生きる
ということ。

禅のことばに
「布施」
というものがあります。

「布施」にはいろんな種類があり
「和顔施(*わがんせ:人に笑顔を向ける)」や「眼施(*がんせ:人にやさしいまなざしを向ける」なども
布施です。
あたたかい言葉をかけるなどもあります。

実はこの「布施」。
自分から相手に与えるものではなく
自分から自分に与えるものであるとされています。

どういうことでしょうか。

相手にやさしいまなざしを向けているとき
自分の目はどんな目をしていますか?

相手に笑顔を向けているとき
自分はどんな表情をしていますか?

相手にやさしい言葉をかけているとき
自分の心はどんな気持ちになっていますか?

そうです。

自分の目はすでにやさしく、顔は笑顔に、心はやさしい気持ちになっているのです。

人に向けるのも自分に向けるのも同じ。
(「一如(:いちにょ)」と言います。)

煩悩は自分だけを愛するエネルギー。
布施は相互に愛するエネルギー。

どちらのほうが平和で安心な状態で
生きられるでしょうか。

わたしは、潰瘍性大腸炎を発症したとき
煩悩エネルギーで生きていました。

かえって自分は正しいことをしていると思うくらい
客観視ができない状態でした。
(いい経験でした。)


病気を治すためにいろいろなことを試し、
よりよい自分になろうと学び続け、
理想の自分を追い求め続けていました。
今のままではいけない、と。

落ち着いて自分を顧みることができるようになったのは、
広島スカイクリニックの漢方によって
症状が落ち着いたのもきっかけです。

それまでは人に言われた療法をなんでもやってみる、という姿勢でしたが、
初めて自分で主体的に選んだ薬が
広島漢方でした。

自分に自信を持って
人の目を気にせず
失敗してもいいや!と開き直り
人に迷惑をかけてもいいと自分を許しました。

今は症状が全くありません。

食べたいものもなんでも食べられるようになりました。

心を整えることの重要性も
しみじみ痛感中です。

自分の中の整理をかねて
同じ病の方への応援を!と思い
シリーズとして記してみました。

すべてわたし個人の感想なので
参考になるかわかりませんが
最後まで読んでいただき感謝申し上げます。

みなさんが、毎日少しでも気持ちよく過ごされますように。




[PR]
by SachikoAkimoto | 2017-02-22 09:04 | 健康 | Comments(0)