人気ブログランキング |

歌う寺嫁 さちこの つれづれ精進茶和日記

sachikoa.exblog.jp
ブログトップ

潰瘍性大腸炎が再燃しない生き方(実験中)

前回のつづきです・・・。


いつか広島漢方をも卒業できるように、再燃しない生き方を模索し始めたわたし。

まずは「腸内環境を本気で整える!」ことに着目しました。
(今までは気を付けてはいたけど、本気じゃなかった・・・。)

善玉菌を自分の腸の中で「育てる」という発想、飼うみたいな感覚で、
とにかく善玉菌ちゃん(愛着がわくように「ちゃん付け」)を大事に育てることに注力します。

具体的にやっていることは、

①善玉菌ちゃんの好物、食物繊維をめちゃめちゃ摂る!
 (例*5種類のきのこをフライパンで塩と日本酒を振って蒸し、冷蔵庫にストック。
    毎食味噌汁にトッピングしたりサラダに入れたりして必ず食べる。
    しかも味噌汁もちょー具沢山。など。)

②悪玉菌を甘やかさない!
 (例*悪玉菌の好物である砂糖、油っこいものを控える。ちょっとは食べちゃうけど。)

③睡眠をとる!

④善玉菌ちゃんの敵「ストレス」を抱きしめる。
 (苦手な人に対して「苦手だなぁ~」と心の中で本音をつぶやいて放っとく決してうまくやろうとしない
  自分の正直な感覚を自分で受け入れる。強がらない。ダメな自分をかわいがる。など。)
 (自分が自分と一致するように、常に意識することも大事です。)←この辺は禅の学びが功を奏しているかも。

です!

あと、あまりできていませんが⑤歩く!もいいですね。腸を元気にしたい時は歩くのがいいそうです。

これからもっと色々と自分のカラダで人体実験をしながら、寛解の道を歩みたいと思います。

自分的には④の「ストレスの扱い方」の研究が面白く、色々探求中です。
お寺で働きながらの学びや気づきなども、時々アップできたらと思います。

表向きは演奏活動をしたり、元気そうに見えますが、
実は毎日地道に地味な探求を続けています。

うまくいかないこともあったり、いやなこともあったり、色んな日があるけれど、
そんな不協和音もまた味わい深く大切に思うこの頃。
ジャズを学び始めた影響かな!?

同じ病をお持ちの方、そのご家族の方、不安だし心配だし、おなかは痛いし、
トイレから離れられないし、貧血になるし、気分も落ち込むし、
治る希望が見いだせないし、薬の副作用もつらいけど!
病を治そうとすることで、実は人生が回復しているというトリックに気づいて、
共に顔晴りましょう☆

病も自分の大事な人生の一部。

不協和音を自分だけのリズムで歌ってやりましょう!






# by SachikoAkimoto | 2019-12-11 20:50 | 健康 | Comments(0)

広島漢方再開

最近、「健康」に関する昔のブログ記事へのアクセスが多いので、
たまには現状について書いてみようと思います。
同じ病で苦しんでいる方の元へ届きますように。

出産後に潰瘍性大腸炎を発症して約14年が経ちます。(早っ!)

最初は軽症から始まり、数年後には中等症になり、また数年後には重症化し、
入院を経験したのが4年半ほど前になります。

病院では原因不明の難病として指定されていて治療は難しいとされていますが、
そんなことはないな!と、今は思っています。

(あ、確かに「根治」は難しいです。)

2015年に重症化して入院した時、ペンタサやステロイドなどの西洋薬にお世話になっていましたがなかなか症状はひかず、
結局わたしを救ったのはスカイクリニックの「広島漢方」でした。

入院中にステロイドを点滴しながら、担当医師の了解の元、広島漢方を同時進行で服用しました。
1か月ほど飲んだところで効果が表れ始め、無事に退院。

それから広島漢方を飲み続けて、本当に体調がよく、一日3錠からはじまった服用も、
3錠→2錠→1錠と順調に減り、4年が経った2019年の4月ころには全く症状もなくお酒も復活。

そして調子にのって自己判断で広島漢方の服用を中断してみました。
そして服用を中断して半年がたった2019年9月、再燃です・・・。

症状は軽症ですが、「一度良くなったものが再燃する」というインパクトったら、本当に恐ろしいものです(ー_ー)!!
あわててスカイクリニックに連絡をとると、先生から「自己判断はゼッタイにダメ!」とお叱りを受け、
また2錠ずつ漢方を再開しました。

それと同時にお酒を休み、食物繊維をとにかく毎食摂取するようにこころがけ、発酵食品を食べ、
食事にも本気で気を付けました。

そして1か月もするとまた寛解。

広島漢方の威力を改めて感じると共に、いつか漢方を卒業できるように再燃しない生き方をしてみたい!
とも思い始めました。

そしてわたしが始めた新しい生き方とは・・・。

長くなるので、次の記事へつづきます。








# by SachikoAkimoto | 2019-12-11 20:13 | 健康 | Comments(0)

家族

雪がちらちらと舞うようになりました。
いよいよお寺の本堂が冷凍庫と化す季節到来です。笑

そんな冷え込みの厳しい昨晩、お寺で義母の誕生日をお祝いしました。
サプライズで!

80歳を迎えた義母は、私が嫁に来た頃に比べるとだいぶ背中も曲がり、重いものを持てなくなったり高い所に手が届かなくなったりしていますが、足が動くので、今でもお寺のことをよくやってくれます。

昨年の冬に義父が亡くなりちょうど一年。
最初は落ち込んでいた義母も、今はやっと元気になってきました。

ホールケーキにろうそくをたて、部屋の電気を消し、家族でハッピーバースデー♪を歌い、義母がろうそくの火を吹き消す。
拍手と共に部屋の電気をつけて、おめでとう!とみんなで義母を囲むと、とても柔らかい表情で喜んでくれました。

ケーキを多めに切り分け、1ピースを小皿に乗せて義父の祭壇にもお供えしに行こうとしたら、後から娘や夫や義母もついてきて、家族全員でお供えする形に。
それぞれの思いを胸に、みんなで手を合わせました。

一年はあっという間で、明日のことは誰にも分からない。
今この時を味わうことはいつも難しいけれど、一瞬一瞬を受け入れ、抱きしめ、微笑んでいたい。

みんなで今一緒にいられることは、なんてはかなくて尊いことかと思った夜でした。

感謝とともに。



# by SachikoAkimoto | 2019-12-08 10:39 | お寺 | Comments(0)

覚悟のステージ

e0239118_18453614.jpg

10月4日のこと。

曹洞宗婦人会の研修大会にて、なんと歌う機会をいただきました。

お寺に嫁に来てから、とにかく「腰は低く、目立たないように。」と義母から教育されてきましたが、
こんなことになってしまいました。笑

伝統のある世界ではどこも同じだと思いますが、
若い人はなかなか発言権がなく、縦社会に順応するのが生き延びる道。
嫁なんて本当に小っぽけな存在です。

でも、私は難病を患って色々な人に助けてもらい、大切なことを学び、
それを誰かに聞いてほしい、
聞いてもらうにはどうしたらいいんだろうと、考えるようになりました。

そして思い付いたのが
『歌で表現する』こと。

歌ならみんなが聞いてくれる。
何年もかかってわかったことが1曲3分で伝わる、と。

そうして細々と歌いつづけてきましたが、
とうとう大勢の寺族の方々の前で歌う機会が与えられました。

不安と期待が入り交じる中、意を決してステージに上がり、心をひらいて正直に歌いました。
e0239118_18583683.jpg

すると、会場中の皆さんが真剣に耳を傾けて下さり、私も気づけば夢中で歌っていました。

聞いてくれる人がそこにいること。
なんてありがたいことなんだろうと感動しながら歌いました。

聞いてくれる人も、きっと色々なご苦労を経験されてきたのだろう、
だからこんなに真剣に耳を傾けて下さるのではないかと感じました。

コンサートが終わると皆さん笑顔に。
「良かったよー!」「涙出ちゃった。」「いい時間だったよ。」と
声をかけていただき、私も笑顔に。
e0239118_19034444.jpg

そこに誰かがいてくれて、ここに私がいる。
受けとめてくれる人がいて、歌うことができる。

本当に幸せを感じるコンサートでした。

時代は令和になり、新しい世界が始まっています。
自分もそろそろ腹を決めて、新しい道を創造せねばと思うこの頃。

その覚悟を決めるような、そんなステージでした。
感謝とともに。



# by SachikoAkimoto | 2019-11-14 18:45 | お寺 | Comments(0)

合唱とブラックミュージック

e0239118_21295708.jpg


久しぶりの投稿になってしまいました。

秋のお彼岸の頃から持病が再発し、少し大人しくしております。

先代住職が亡くなってから約10か月。
とにかくお寺を優先した毎日に奔走し、自分を顧みることができないままでいました。
人生、そういう時ってありますよね・・・。

このままじゃヤバいなぁ、でもどうにもならないなぁ、、、
と薄々気づいている状況がつづき、
ついに体調をくずしてやっと休めるというパターン。

自分でも「またか」と思いますが、
ま、仕方ない!

食事、睡眠、ストレス解消、色々なことを改善して様子を見ています。


そんな中、今月は演奏の機会をたくさんいただき、体調を見つつ練習に励みました。

一つは、長野市民合唱団コールアカデミーの定期演奏会にて、私が伴奏をさせてもらっている小学校がゲスト出演に呼ばれ、長野市芸術館へ行ってきました。

メインホールのステージ中央に置かれたスタインウェイのグランドピアノ。
縁あってこんな素晴らしい所で演奏させていただけたこと、本当に感謝です。
子どもたちの歌声も堂々としていて明るく、とても素晴らしいと思いながら伴奏しました。


e0239118_21413224.jpg

e0239118_21413379.jpg

もう一つは、毛色を変えて『ブラックミュージック』のイベントでの演奏です。
学生の頃から憧れているニューオリンズピアニストDr.JohnやAllen Toussantのカバー、細野晴臣や渡辺はま子の曲をブルージーにアレンジして演奏します。
ドラム&パーカッションのかもちゃんと二人で『メロダブ』という「ボスダブ」の親戚みたいなユニットを結成し、二人で演奏させていただきます。

イベントの収益の一部は台風19号で被災された方々への義援金として寄付されるそうです。
音楽でお役に立てればと思います。

病と音楽は人生の旅の友。
受け入れて、素直に生きていけますように。



# by SachikoAkimoto | 2019-11-11 21:26 | 音楽 | Comments(0)