人気ブログランキング |

歌う寺嫁 さちこの つれづれ精進茶和日記

sachikoa.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:健康( 76 )

脱力に気づくの巻

謎の忙しさに突っ走った6月。

色んな反動もあり、テンション上がり目で、あれもこれもやりたいままに動きました。

楽しかったけれど、少し力みすぎていたような気も・・・。

夏至に向かって昼が長くなるということは、活動時間も長くなるわけで・・・。

夜の大切さが少し身に染みたように思います。笑



そんな時、東京の美味しい和菓子をいただきまして110.png

せっかくなのでお茶をたててみました。
e0239118_21243109.jpg
う~ん111.pngおいしい~。

塾から帰って「疲れた~!」を連発する娘にも一服。

いっしょにお菓子とお茶をいただきながら

最近ゆっくりお茶も飲んでなかったなぁ・・・と気づきました。

えぇ、力んでましたから105.png

お菓子といっしょに大事な時間もいただきました。



そして最近の悩み、「大して練習してないのに、ちょっとピアノを弾くと指が痛くなる。」についても、

大きな発見がありました。

娘のピアノのレッスンの時に、先生からとぉーっても大切なことを聞いたのです!




それは「脱力」!



うまく言えないけれど、家に帰ってピアノを触りながら、教わったことをすぐに自分の手で実験165.png

自分の腕の重みだけを感じながら自然に弾こうとすると、肩やひじの力みがとれるような気がします。

首や耳の緊張まで。

そして、音色も違う!

なんか、楽!



なぜ今まで気づかなかっただー!!



そしてこれは、ピアノだけではなく、日常生活における体の使い方にも共通する感覚なんじゃ??

(料理をしているといつも息切れして疲れる→力んでる。姿勢も悪くなる。息切れ。→脱力して体の重力だけを感じる。→楽。)



さらにココロにも言えることなんじゃ??

ただ在るだけ→ココロの重力だけを感じる→力まず、コントロールしようとしない→楽。




ピアノの場合、脱力の中に「ある種の緊張」が必要ですが、カラダやココロにも同じことが言えそう~。

もしかしたら、うまく脱力できると、いい意味で集中した無駄のない状態になるのかも。



たまにはお茶を飲みながらぼぉーっとする時間も必要ですね。

脱力♪脱力♪



な~んて、先日のお花の稽古のリアトリスの姿を見ながら考える夜なのでした。←脱力中。

(花の脱力っぷりはアッパレ!)
e0239118_21560948.jpg











by SachikoAkimoto | 2019-06-25 22:06 | 健康 | Comments(0)

風邪の巧妙

風邪をひいて一週間。

喉が腫れておじさんみたいな声になり

鼻もつまって何の味もわからず

魔の微熱続きで大人しくしています。



忙しい日常から離れて静かにしていると

心の濁りも澄んできて

いろんな問題がクリアに見えてきます。



体を休めるタイミングでもありながら

頭も休めるタイミングでもあったんだなぁ。



元気になっても

シンプルに

正直さを

ひらいていこうと思う。

e0239118_09283558.jpg






by SachikoAkimoto | 2019-01-21 09:23 | 健康 | Comments(0)

風邪をひけました

昨年末に住職が亡くなってから

色々な公的手続き(←大変)や

次々と来るお客様の対応や

事務作業、家事など

てんやわんやの毎日。



心身を休める暇もなく

追われるように過ぎていく毎日。



案の定、風邪をひきました・・・。

久しぶりに声が出なくなるほど喉が腫れ、発熱。

さすがに一時停止状態で休んでいます。



熱でも出さなければ休めない状況を

体が察知してくれたような風邪。




ある意味、風邪をひけてよかったのかもしれません。



体も元気になって状況も落ち着いたら

まずやりたいこと、

「ピアノに触りたい!」。




そんな風に思えるのも風邪のおかげかもしれません。笑

e0239118_07220960.jpg

by SachikoAkimoto | 2019-01-17 07:21 | 健康 | Comments(0)

カフェキネシ講座を受けてきました。

e0239118_16311144.jpg
月に一度、お寺に出張施術に来てくれている小林美里さんに

カフェキネシの中の「ピーチタッチ」という講座を教えていただきました。

自分で自分のストレスを簡単にケアできる方法です。



そもそも人のカラダは自然の一部で、どんなに時代が進歩しても、とても原始的です。



その原始的なカラダの持つ、原始的なちからは

本来とてもシンプルで、

とても頼りになるもの。



情報あふれるストレスフルな現代社会の中で

生きる指針になるもの。



な、はずでした。

が!こころのストレスによって、その原始的なカラダのちからが封印されてしまったり、

くもってしまったり、ねじれたりゆがんだり、

自分でわからなくなってしまうことがあります。(わたしもしょっちゅう。)



答えは自分のカラダが持ってるのに

わからない・・・。



そこで登場するのがキネシオロジー!

今日はカフェでもできる簡易版の「カフェキネシ」の中の

「ピーチタッチ」というセルフケア版を教えていただきました。

(呼び名がいっぱいあってややこしいですが。)



自分のカラダが選んだ天然のアロマの香りを嗅いで

そこについているメッセージ(ことば)を読み

自分の原始的なチカラを回復させます。



新しくチカラを得ると言うよりも

元々持っているチカラに戻るという感じかな。



まだよくわかりませんが

日常の中でいろいろ試してみようと思います!



12月のお寺でキネシオロジーの予定は12月15日(土)13:00~17:00です。
(ご希望のお時間をご相談ください。)
詳しくはこちら→mittan'chi


一度体験してみてはいかがでしょうか??

自分を信じる一歩になるかもしれません。

by SachikoAkimoto | 2018-11-22 16:57 | 健康 | Comments(0)

爽夏風さん10周年へ行ってきました。

e0239118_19540623.jpg
わたしのオアシス「爽夏風さ」。

今年で10周年をむかえられたそうです。
おめでとうございます110.png177.png

一口に10周年と言いますが、その10年には本当に色んなことがあったんだろうなぁと思います。

だって、爽夏風さんの手の癒しパワーはハンパないんですもの!!

10月はライブや本番が続いたわたし。
首~肩~腕にかけてかなりお疲れモード。
40肩!?と思うくらい腕も上がらない。

ということで、爽夏風さんへ駆け込みました。

いっぱいおしゃべりして笑いながら体をもんでいただき
気づけば肩が軽くなっているではあ~りませんか!?
腕も上がるし。

人の手って、いいですよね162.png
本当に。

そして施術後にいただいたフルーツティー。
甘酸っぱい香りと手書きメッセージのお心遣いにまたまた癒され、
心身ともにゆるんでまいりました。
ほんとにありがとうございます。

10周年のオプションもあるみたいです!
(詳しくはこちら→

エネルギーチャージしてまたいい歌うたえますように169.png




by SachikoAkimoto | 2018-11-03 20:14 | 健康 | Comments(2)

爽夏風さんへ行ってきました。

夏の疲れを癒しに、

長野市に安茂里にある爽夏風さんへ行ってきました。



ひと夏のお寺の緊張状態から解放されて、すっかり秋になりましたが、

なかなか体から緊張が抜けず119.png

お肌の調子もイマイチ・・・。



完全に疲れてます。



そして楽しみにしていた爽夏風さんへ!

首から背中から足まで、樹木の香りのオイルでよ~くマッサージしていただき、

最後にお顔のお手入れまで。



いやぁ~~~ゼイタクな極楽タイムでした162.png



途中、眠っていたのか何度も夢を見たり、

寄せては返す波のような手の動きに身を任せて

しっかりリラックスしてきました。



人の手って、いいですね173.png

わたしも娘の背中をさすさすしてあげようと思いました!



そしてお肌も柔らかくみずみずしくなり、

今日はお化粧のノリもよく気分爽快です110.png  



お店のお部屋にある本棚コーナーも

ひそかにいつも楽しみに拝見しているのですが、

最近自分が読んで感動した本が置いてあったりして

変な安心感を感じたりしました。笑

ちなみにこれ↓
e0239118_10133453.jpg
ピアノの調律師さんが主人公なのですが、

音のない文字だけの文章なのに まるでピアノの音が聞こえるような、

久しぶりに読み終えるのがもったいないような気持ちになって読みました。

面白かったぁ~!



そして今回は爽夏風さんから、興味深い本をお借りして帰ってきました。

ココロもカラダも癒してくれる私の隠れ家!笑

いつもありがとうございます177.png












by SachikoAkimoto | 2018-09-12 10:19 | 健康 | Comments(2)

麦ダンス農園

まにまにろまん(←学生のころ活動していたユニットです。)時代の相方、まにまにマンゴーことあやこファミリーの営む
麦ダンス農園」の大豆テンペをいただきました。


大豆テンペ。

聞いたことはあったけれど調理するのも食べるのも初めて!
とりあえずクックパッドで調べて唐揚げ風にしてみました。

テンペとは大豆を発行させて作ったもの、らしい。
e0239118_20165298.jpg
麦ダンス農園の有機大豆から手作りされ、真空パックにされたテンペ↑
e0239118_20165840.jpg
一口サイズに切って、ジップロックに入れて、しょうゆ・酒・しょうが汁を混ぜて一日冷蔵庫で寝かせて、
e0239118_20170337.jpg
片栗粉をまぶしてフライパンで揚げ焼きしてみました。

一口食べてみると・・・




お!おいしい!!!



大豆って、こんなに甘くて香ばしいものなの!!??

噛めば噛むほど旨味が出てきて、手が止まらなくなってしまいました。
娘も気に入ってもぐもぐ食べています111.png

大豆って、女性の健康や美容にもいいっていうし、
さらに発酵してるって、かなり体にうれしい177.png

あやこ、いい物つくってるなぁ~!

今度はお取り寄せして違う料理にしてみたいです110.png




by SachikoAkimoto | 2018-08-28 20:26 | 健康 | Comments(0)

キネシオロジー、やってもらいました。

今日は、月に一度お寺でキネシオロジーをやってくれている
みったん(mittan'chi)のお宅へおじゃまして、
キネシオロジーの「全身バージョン」をたっぷりやってもらいました😃

実は術後、心身のバランスが変わってしまい、いつも呼吸が浅く、常に息苦しい感じがつきまとっているので、
ここ2か月ほどお寺でキネシオロジーの簡易版(カフェキネシ)をやってもらっていました。


体と心をつなぐキネシオロジー。2か月受けて自分の体と心にアクセスしている間に、いろんな良い変化が起こっていることに気づきました。
それは自分に起こる変化ではなく、自分のいる環境に起こる変化。(いろんな良いことがベストなタイミングで起こる。グランドピアノが来たり。)

そして今日はその全身バージョン。

簡易版よりも奥深くへたっぷり届く感じで、終わった後の感想は「脱力」でした。
変な力みが止れたような。
そして「自分の体を信じられる」という感覚。
自分は大丈夫なんだというよくわからない自信のような(笑)ものを感じました。キネシオロジーのおもしろいところは、自分の守備範囲を超えたところからじわじわと良い変化が起こり始めるところ。
なんかわからないけど、いつのまにか状況が良いほうに変わってきているなぁ・・・?みたいな。
きっとわたしは今、大きなターニングポイントなんだろうなと思います。
今までは「自分の努力で目の前の人や状況や自分をもコントロールして、自分の傷を自分で直そうとする闘い」だったけど、
これからは「自分の力ではない何かに、なんだかわからないけど大きく運ばれていくことに、信じて身を任せるしかない」というやり方になっていくんじゃないかな、と。実際今すでにそうなってきています。あとは考え癖を修正して、うまく脱力するだけなのかな。自分の体を信じて、感謝して、楽しんでいけたらいいなと思います。そんなmittan'chiのカフェキネシが9月にお寺で行われます。足もみの「足楽庵みやこ」さんもいっしょです。
e0239118_08533350.jpg

小さな疲れも積もれば大きな壁になります。
そうなる前にぜひケアしませんか(^-^)?




by SachikoAkimoto | 2018-08-06 08:54 | 健康 | Comments(0)

潰瘍性大腸炎持ちの卵巣嚢腫腹腔鏡手術④ オマケ

e0239118_11492010.jpg
入院中、洗濯物や必要なものをもって毎日病院へ通ってくれた夫。
ある日、洗濯物といっしょにお花をもって現れました。
その姿を見たとき、すごく心がふわっとなって、入院中はずっとガーベラに癒されていました。
花はいいですね。
やさしくて、そして元気が出ます。

上手に手術してくれたお医者さん、毎日丁寧に看病してくれた看護師さん、
身の回りのことや留守にしてきた家のことをやってくれた夫、
家事を手伝ってくれた娘、
お見舞いに来てくれたお寺の母、お寺を守ってくれていた父。
心配してくれた親戚や、メールで励ましてくれたともだち。

たくさんの人のおかげで
わたしは無事に手術を終えることができたんだなぁと、
涙が出るほど感じました。
たった5日間の入院だったけど、大げさかもしれないけど、
みんな貴重な命を生きてる途中なんだなぁと思いました。

その途中でいろんなことが起こって、
助けたり助けられたり、
応援したり応援されたり、
祈ったり祈ってもらったり、
思いあって生きていること自体が尊い、と。
e0239118_11593293.jpg
それと、入院後半に読んでいた本と聞いていた音楽。
入院直前に発売された、わたしの大好きな藤田一照さんの対談本。
ここ最近の自分の心境の変化を後押しする一冊でした。
BGMはジョアンジルベルト。良すぎてBGMになりませんでした。笑

今までは、なんだか人のことが気になっちゃって、「人を助けたい・力になりたい・励ましたい」と思って生きていたけど、
素直に「助けられる・力になってもらう・励ましてもらう」っていうことも同じくらい大事なんだなぁ。

もっと自分のために生きてもいいんだな。
自分を信じて、人を信じて、自分を開いて、自分の道を、堂々と楽しんで生きてもいいんだな。って、
思います。

病って、にくいなぁ。笑
いつもメッセージを運んでくる!

忘れないようにしなきゃ!!




by SachikoAkimoto | 2018-06-01 12:19 | 健康 | Comments(0)

潰瘍性大腸炎持ちの卵巣嚢腫腹腔鏡手術③

手術後2日目、5月30日。
痛みはだいぶ減りました。まだ痛いけど痛み止めはもういらない感じでした。(人によるそうです。)
わたしの場合腰が痛くなってしまい(ベッドのせい?)、歩くときに腰を曲げて歩いていたので、
だいぶ傷が痛いと思われていましたが、そうではありません。笑

そしてなんともうシャワーOKとのこと。
おそるおそる傷口のテープは貼ったままシャワーへ。
ふらふらすることもなく、無事入浴。

そしてこの日から食事は常食に。
急に普通に炊いたご飯、ハンバーグ、野菜のナムル、プリンなどが3食出ました。
「大腸、大丈夫かなぁ・・・?」と思いつつ、うれしくてついつい食べてしまい、
これがあとあと苦しいことに。

あまり体も動かせない上に、浣腸で刺激し全身麻酔で動きが鈍くなった大腸。
いきなり普通の食事を食べてしまい、案の定消化不良に。

腸がはって息が苦しく、脇腹や横隔膜(大腸の形に添うライン)が筋肉痛のような痛みを起こし、
呼吸するたびに痛い。
歩くときも痛い。

またまた身をかがめて歩くので傷口が痛むのかと誤解されることに。笑

術後の病院食は、出された量の半分をよく噛んで食べるのがいいと思います。

そしていよいよ退院の日。
5月31日。医師の退院診察を受けました。
手術した部分や卵巣からの出血はなさそうなのに、なぜかダラダラと出血が続いていたので、
様子見ということに。またもや不正出血かも、と。
ま、手術というこれ以上ない刺激をしたので仕方ないよね、と思い、退院の準備。

傷口はもうかさぶたになっていました。
傷口がきれいに治るというシリコンシート「Lady Care 3(レディケア)」という粘着シートのようなものを買って帰りました。

家に戻る途中に、ヨーグルト・納豆・ミルミルなどの乳酸菌セットを買い込み、今度は大腸のケアに。
全身麻酔の影響で腸・肺・腎臓などもダメージを受けてしまったので、
家に帰り少し官足マットを踏みました大腸の反射区は念入りに。
食事も小食に。
夜は早めの就寝

大腸ケアに集中した翌朝、やっと普通の便が出て、おなかもスッキリ。
呼吸も楽になりました。出血も減ってきています。
あとは少しずつ傷と体力の回復をしていけばいいかなというところまできました。

「2週間は安静に。1か月は気を付けて生活を。」
とのことなので、次の診察までは養生です。

とりあえず、潰瘍性大腸炎が顔を出さずにいてくれたことがありがたい!
普通の卵巣嚢腫の腹腔鏡手術となりました。

ちなみに広島漢方は手術当日以外は毎日飲み続けています

つづく・・・(^-^)




by SachikoAkimoto | 2018-06-01 11:58 | 健康 | Comments(0)