人気ブログランキング |

歌う寺嫁 さちこの つれづれ精進茶和日記

sachikoa.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

覚悟のステージ

e0239118_18453614.jpg

10月4日のこと。

曹洞宗婦人会の研修大会にて、なんと歌う機会をいただきました。

お寺に嫁に来てから、とにかく「腰は低く、目立たないように。」と義母から教育されてきましたが、
こんなことになってしまいました。笑

伝統のある世界ではどこも同じだと思いますが、
若い人はなかなか発言権がなく、縦社会に順応するのが生き延びる道。
嫁なんて本当に小っぽけな存在です。

でも、私は難病を患って色々な人に助けてもらい、大切なことを学び、
それを誰かに聞いてほしい、
聞いてもらうにはどうしたらいいんだろうと、考えるようになりました。

そして思い付いたのが
『歌で表現する』こと。

歌ならみんなが聞いてくれる。
何年もかかってわかったことが1曲3分で伝わる、と。

そうして細々と歌いつづけてきましたが、
とうとう大勢の寺族の方々の前で歌う機会が与えられました。

不安と期待が入り交じる中、意を決してステージに上がり、心をひらいて正直に歌いました。
e0239118_18583683.jpg

すると、会場中の皆さんが真剣に耳を傾けて下さり、私も気づけば夢中で歌っていました。

聞いてくれる人がそこにいること。
なんてありがたいことなんだろうと感動しながら歌いました。

聞いてくれる人も、きっと色々なご苦労を経験されてきたのだろう、
だからこんなに真剣に耳を傾けて下さるのではないかと感じました。

コンサートが終わると皆さん笑顔に。
「良かったよー!」「涙出ちゃった。」「いい時間だったよ。」と
声をかけていただき、私も笑顔に。
e0239118_19034444.jpg

そこに誰かがいてくれて、ここに私がいる。
受けとめてくれる人がいて、歌うことができる。

本当に幸せを感じるコンサートでした。

時代は令和になり、新しい世界が始まっています。
自分もそろそろ腹を決めて、新しい道を創造せねばと思うこの頃。

その覚悟を決めるような、そんなステージでした。
感謝とともに。



by SachikoAkimoto | 2019-11-14 18:45 | お寺 | Comments(0)

合唱とブラックミュージック

e0239118_21295708.jpg


久しぶりの投稿になってしまいました。

秋のお彼岸の頃から持病が再発し、少し大人しくしております。

先代住職が亡くなってから約10か月。
とにかくお寺を優先した毎日に奔走し、自分を顧みることができないままでいました。
人生、そういう時ってありますよね・・・。

このままじゃヤバいなぁ、でもどうにもならないなぁ、、、
と薄々気づいている状況がつづき、
ついに体調をくずしてやっと休めるというパターン。

自分でも「またか」と思いますが、
ま、仕方ない!

食事、睡眠、ストレス解消、色々なことを改善して様子を見ています。


そんな中、今月は演奏の機会をたくさんいただき、体調を見つつ練習に励みました。

一つは、長野市民合唱団コールアカデミーの定期演奏会にて、私が伴奏をさせてもらっている小学校がゲスト出演に呼ばれ、長野市芸術館へ行ってきました。

メインホールのステージ中央に置かれたスタインウェイのグランドピアノ。
縁あってこんな素晴らしい所で演奏させていただけたこと、本当に感謝です。
子どもたちの歌声も堂々としていて明るく、とても素晴らしいと思いながら伴奏しました。


e0239118_21413224.jpg

e0239118_21413379.jpg

もう一つは、毛色を変えて『ブラックミュージック』のイベントでの演奏です。
学生の頃から憧れているニューオリンズピアニストDr.JohnやAllen Toussantのカバー、細野晴臣や渡辺はま子の曲をブルージーにアレンジして演奏します。
ドラム&パーカッションのかもちゃんと二人で『メロダブ』という「ボスダブ」の親戚みたいなユニットを結成し、二人で演奏させていただきます。

イベントの収益の一部は台風19号で被災された方々への義援金として寄付されるそうです。
音楽でお役に立てればと思います。

病と音楽は人生の旅の友。
受け入れて、素直に生きていけますように。



by SachikoAkimoto | 2019-11-11 21:26 | 音楽 | Comments(0)