歌う寺嫁 さちこの つれづれ精進茶和日記

sachikoa.exblog.jp
ブログトップ

潰瘍性大腸炎持ちの卵巣嚢腫腹腔鏡手術②

続きです。

手術の終わったその日の夜。
1~2時間置きに看護師さんが来て、血圧、酸素、体温を計測して一晩中体調を観察してくれました。

痛みは傷口の痛みと、ひどく重い生理痛のような痛みがあり、
点滴で痛み止めを入れてもらいました。
眠ったり起きたりを繰り返し、寝返りは看護師さんに手伝ってもらって、
なんとか朝に。

5月29日、朝目覚めると、体中がむくんでパンパン!
顔は別人のようで、手も足もパンパンでした。
全身麻酔の強さを実感。

そして体温と血圧を測定すると微熱で安定していて、意識もわりとはっきりしていたので、
「トイレまで歩いてみましょう!」とのこと。
えー!?もう歩くの!?と思いながら傷の痛みに耐えてベッドから起き上がり、
立ち上がってみると、看護師さんの支えなしで歩けるではないですか。
トイレまで行けたので、膀胱につないでいた管を抜いてパジャマに着替えました。
(血栓予防のストッキングは履いたままです。)

水分をとってもよいとのことで、ベッドに戻り白湯を飲みました。
歩けるとはいえ、傷は痛いしベッドに戻ればヘトヘト。
用意していたストロー付きの娘の昔のコップを使いました。
e0239118_11172427.jpg
とても便利でした。

この日から少しずつ歩いて腸を動かし、ガスを出して腸閉塞を予防しましょうとのこと。
術後は傷が他の臓器と癒着してしまうので動いたほうがいいらしいです。

でも傷が痛くて、出血もまだあり、なかなか思うようには動けませんでした。
もう一度痛み止めを出してもらい服用。
トイレにいくと泥状便がほんの少量出ました。
看護師さんに聞くと「お浣腸の残りでしょうね。」と。
大腸炎ではなさそうでひと安心。

昼食は流動食、夜は全粥でした。

夜は痛み止めなしで眠れました。

つづく・・・(^-^)


[PR]
# by SachikoAkimoto | 2018-06-01 11:27 | 健康 | Comments(0)

潰瘍性大腸炎持ちの卵巣嚢腫腹腔鏡手術①

今年の1月に発覚した卵巣嚢腫。
5月27日より入院して5月28日に手術し、5月31日に退院しました。

わたしは持病に潰瘍性大腸炎を持っているので、同じ状況の方の参考になればと思い、
報告&記録としてブログに記しておこうと思います。

わたしは3年前より潰瘍性大腸炎患者の間では有名な広島スカイクリニックの漢方薬を3年間飲んでいます。
この3年で再燃したのは1度だけ。しかも1日だけでした。

健康に過ごす毎日の中で、今年1月に突然不正出血があり、近所の産婦人科を受診しました。
検診の結果、両側性卵巣嚢腫

卵巣の中に水がたまり、通常2cmほどの卵巣が左8cm右5cmにはれているとのこと。
放っておくと捻転や破裂の危険性があり、手術を勧められ、日赤を紹介されました。

その後日赤の外来で様子を見つつ手術の予約(空きがなくなかなか予約がとれませんでした)をとり、
体調管理をしつつ日常生活を送る日々。
痛みが全くないので、気を付けつつライブなどもやっていました。

そしていよいよ入院の日の4日前、娘の中学校の地区PTAの仕事で早朝街頭指導に立った日。
急に気温が下がり強風の朝でした。
体が冷えたのか、その日の午前中に下痢。
「まずい、手術の前に大腸炎が出たらヤバい・・・。」と焦り、
食事をお粥やうどんにしたり、市販の整腸剤を飲んで様子を見ていました、
が、結局おなかはゆるいまま5月27日の午後入院。

翌日の手術のために下剤を飲むとのこと。
下剤は「ピコスルファート」でした。
前もって広島の先生に確認済みで、飲んでもOKとのことだってのですが、
おなかもゆるかったので半分の量を飲むことに。

これが、、、効かなかったのです・・・。

翌朝、手術当日、お通じがなく、看護師さんに浣腸をしてもらいました。
トイレにかけこみお通じを待っていると、ものすっごい腹痛が!
潰瘍性大腸炎で入院していた時を思い出させる激痛、しぶり腹。
「ヤバイ・・・、下血したらどうしよう・・・。」とまたもや焦りましたが
セーフ・・・。
大腸炎は出ませんでした。

朝から絶飲食で待機し、午後2時30分、手術室へ。

全身麻酔であっという間に眠らされ、気づいたらもう「手術おわりましたよー。」の声。
体に心電図、酸素マスク、点滴、両ふくらはぎに血栓予防のストッキング&ポンプを付けられ、
麻酔でくらくら目が回ったり眠かったりするまま夜に。

長くなるので、続きは改めて(^-^)







[PR]
# by SachikoAkimoto | 2018-06-01 11:07 | 健康 | Comments(0)

しまんりょ お寺で蚤の市 2018 終了しました。

e0239118_14310462.jpg
「しまんりょ 春のお寺で蚤の市 2018」、無事に終了いたしました。

昨年につづき今年も雨降りでしたが、

臨機応変に快く対応してくれた出店者のみなさま162.png、雨に慣れてきた優秀なスタッフたち177.pngのおかげで、
本堂内にて全員参加の開催となりました(^-^)

飲食店ブースも大人気!↓
e0239118_14344069.jpg
手作り雑貨・アンティークコーナーも賑やか↓
e0239118_14354669.jpg
リラクゼーションコーナーで手もみ&足もみ↓
e0239118_14362164.jpg
スティールパン生演奏169.png
e0239118_14373493.jpg
お守り作りワークショップ↓
e0239118_14380695.jpg
ナガハリ朱実さんの手作り紙芝居!↓
e0239118_14384643.jpg
写経↓
e0239118_14392003.jpg
坐禅↓
e0239118_14394975.jpg
街なかの小さなお寺ですが、本当に盛沢山の蚤の市となりました。

雨の中足をお運びくださった大勢の皆様、
手をかけて仕込み、準備してくださった出店者の皆様、
心強いスタッフのみんな、
本当にありがとうございました。

少しでも長く続けて、一人でも多くの人が笑顔になってくれる場をひらいていたいと思います。

さて!次は秋のお寺コンサートに向けて準備しなくちゃ173.png
ゲストは誰かな!?お楽しみに110.png169.png

[PR]
# by SachikoAkimoto | 2018-05-20 14:46 | お寺 | Comments(0)

しまんりょ お寺で蚤の市 2018

e0239118_19390784.jpg
今年も「しまんりょ お寺で蚤の市」の季節がやってきました(^-^)♪

雑貨、飲食、リラクゼーションなどの様々な出店と、
お寺ならではの写経・坐禅体験、お守り作り、紙芝居などもあります!

昼前にはスティールパンの「Pine Tree Steel Pan Band」の演奏もあります。

ぜひお気軽にお立ちよりください\(^o^)/☆

『しまんりょ 春のお寺で蚤の市』
5月13日(日)10時~16時
*雨天決行(但し 本堂内にて)
駐車場はございませんのでお近くのパーキングをご利用ください。

◎11:30~12:00 スティールパン演奏(境内)

◎13:30~14:00 お坊さんといっしょに坐禅しよう(本堂2F)

◎14:00~15:00 ながはり朱実さんによる紙芝居(本堂)

◎15:00~16:00 お坊さんといっしょに写経しよう(本堂2F)

以上 参加費無料

◎終日 自分で願い事が書けるお地蔵さんお守りを作ろう(本堂)
    御祈祷1回目・13:00
    御祈祷2回目・16:00
    参加費 1つ800円

◎コラボ企画 10:30栽松院集合 善光寺とつながる脇街道めぐり
       案内:小林竜太郎(長野郷土史研究会青年部長)
       *栗田街道、西山街道など45分程まちを歩き栽松院に戻り解散。





[PR]
# by SachikoAkimoto | 2018-05-05 19:52 | お寺 | Comments(0)

フィルムカメラの時差

昨年末に復活した愛用のフィルムカメラ。

何本かフィルムを撮りためては時々現像に行きます。


紙に焼かれて出来上がってきた写真には

デジカメと違って時差があります。


少し前に撮影した風景が、今出来上がってくる。

ひと呼吸置いて改めて見ると、

その時の自分の心が切り取った風景からメッセージが聞こえることもあります。
(おおげさですが。笑)
e0239118_13514639.jpg
e0239118_13521702.jpg
これらの写真を撮影したとき

春のやわらかな色彩の中で

新しい時間への覚悟のようなものが

自分の中に確かにあったことを

現像された写真を見て改めて思い出します。

桜を撮りながら 桜ではないものに向かってシャッターを切った感覚も。


写真っておもしろいです。




[PR]
# by SachikoAkimoto | 2018-04-26 13:58 | 写真 | Comments(0)