歌う寺嫁 さちこの つれづれ精進茶和日記

sachikoa.exblog.jp
ブログトップ

小旅行

週末、夫と茶和と小旅行にでかけました。

尊敬する沢知恵さんのライブを見に東京へ。

e0239118_9551645.jpg

下北沢の一角の小さなライブハウスでアップライトピアノを弾き語る沢さんの音楽は
圧倒的な存在感があり、繊細さもありながら沢さんの生き様がむき出しになった力強さにも
胸を打たれました。
壮絶な音楽人生を歩む人の歌声を、目の前で聴けたことが本当に貴重だなぁと思いました。

感動の余韻にひたりながらボナ!つぶつぶへ
e0239118_1011020.jpg

e0239118_9561710.jpg

ひょっこりボナ!へ行くと、以前つぶつぶ長野店でお世話になった池田さんが厨房に立っていて、
ひさしぶりに思わぬ再会を果たしました。

料理の腕も上げ、とてもおいしくなっている上に、池ちゃんすっかりパパになっていて
以前よりもずっと円い男になってました!?
やわらかい存在感がとてもうれしかったです。
e0239118_959828.jpg

愛娘ちゃん「つぶきちゃん」。
つぶつぶ食で育っているせいか、すごく落ち着きのあるいい子で、びっくりしました。

翌朝、夫に仕事が入り、夫は急きょ長野へ。
戻る前にふたりで、深い縁のあるロジャーに会いに行きました。
ロジャーの家の屋上で東京の空の下、3人でしばらくおしゃべり。
e0239118_102381.jpg

e0239118_103636.jpg

ロジャーの話はいつもシンプルで本質をついていて、あっというまの時間でした。

夫は長野へ。
わたしは実家栃木へ。
半年以上ぶりの実家は、恵みの秋を迎えそのなんでもない景色に胸が熱くなりました。
家族もみな元気で、一番の感謝です。
e0239118_104425.jpg

田んぼには数十年前と変わらず白鷺がいて、こどものころを体が思い出すかんじでした。

あまり時間のとれない旅だったけど、ピンポイントで濃い時間を堪能でき、
また改めてこころをそぎ落とされ、自分の核を認識しなおせる良い機会となりました。

お彼岸中だというのにでかけさせてくれた両親にも感謝です。
[PR]
# by SachikoAkimoto | 2011-09-26 10:11 | Comments(2)

休日

久しぶりになんの用もなく自由だったので
お昼にアマランサスパスタを作りました。
e0239118_14534679.jpg

先日炊いたアマランサスがたくさん残っていたので、
アマランサス丼にしたり、ドレッシングにしたり、海草と合えてみたりと
ここのところアマランサスづくしです。

1カップ炊いただけで、こんなに何日も家族で食べられるなんて
雑穀って実は割安なんじゃないかと思います。

夫は今日は休肝日なので、雑穀ヘルシーごはんでデトックス!
娘に休肝日をしっかり管理され、休肝日カードまで作られ、
シールを貼ってもらっています。
ラジオ体操みたいに。

台風と低気圧のせいか私も持病がぶり返し中。
なかなか難しいです。

ですが、不調の日は不調の日として承知して、
それなりの過ごし方をする、というのが
いちばん健康なのではないかと感じるこのごろ。

いちにちいちにちが、本当にありがたく感じます。
[PR]
# by SachikoAkimoto | 2011-09-22 14:58 | 精進料理 | Comments(0)

レコーディング終了

さきほど、ソロ音源のvocal録音がおわり、全録音作業が完了しました。
最後に録った曲は「路上」というオリジナル曲でした。

この曲には難病発覚の前後のいろいろが込められており、
個人的にとても思い入れのある曲です。

今までライブで何度も歌ってきましたが、この曲が生まれた背景が心をかすめて
いつも重い歌になってしまっていました。

今日は朝から体調がよく仕事もよくはかどり、おまけに夕飯もおいしく作れたので、
明るい気持ちで録音に臨めました。

すると、今までにない軽く明るい声がぱーっと体から出てきて、
今まででいちばんいい「路上」を一気に歌い上げることができました。

病が発覚してからずっと、健康になろう、体もこころも直そうとこころがけ、
食事をはじめ東洋医学のいろいろを試してきましたが、もう一歩というところで治らない状態がつづき、
スピリチュアルカウンセラーやらキリスト教やら仏教やら、いろんなものを受け入れてきました。

もう一歩。

そうです。食を、東洋医学を、スピリチュアルを、宗教を、いいと思って取り入れたすべてを、
越えていかなければならなかったのです。

今日vocal録りをして、自分で自分の歌を歌うことで、それらすべてを放ちました。

ほんとうにいい歌が録れました。

とても晴れやかです。

闘病してきたこの数年で築き上げた土台のうえに、新たに生まれたただの自分を自由に生かして、
これからもいい歌を歌っていきたいです。

平行してボスダブの音源も昨晩マスタリングの工程に移りました。

今までの十数年ぶんのさまざまな活動がもうすぐ形になろうとしています。

本当に有り難い。

今までの全部に何か意味があったかといえば、何もないとはっきりと思います。
意味なんてものは後から自分でつけるものだから。

光のときには光となって
闇のときには闇となって
世界に向かって両手をひろげるだけ。

その継続が歌になったとき、こころからうれしい。

ごまかしのない音源をつくりたいと思います。
[PR]
# by SachikoAkimoto | 2011-09-16 22:01 | 音楽 | Comments(2)

R19の秋

お茶のお稽古のために松本へ行ってきました。

ボスダブの音源を聴きながら久しぶりに国道19号をのんびり走りました。
厳しい残暑に窓全開で対向し、途中大岡道の駅に寄ってひとやすみ。
大岡産の野菜や麦を買いました。

店には、きゅうりやなすに並んで秋の野菜やきのこが登場していました。
きのことさつまいもを買って帰り、帰宅するなり茶和も下校。

さっそく夕飯にきのことさつまいもを酒蒸しにしていると、
茶和もおもむろに着替え始めていて、
ふと見ると、ド、ドレス!
ず~っと前にだだをこねて買ってもらったピンクのドレスへの憧れが、今また茶和のなかで再燃してきたようです。

6才の女の子の夢と現実の混ざった世界。
なんともいえないはかなさを放っておけなくて写真を撮ってしまいました。

と、そんなこんなしているうちに
きのことさつまいもがほっこり蒸しあがりました。

今年も健やかな秋を迎えられますように・・・。
e0239118_17523868.jpg
e0239118_175306.jpg
[PR]
# by SachikoAkimoto | 2011-09-15 17:54 | 精進料理 | Comments(2)

リフレクソロジー

ずくなしの2Fのここちよい和室で、広子さんのリフレ初体験してきました。

つぶつぶカフェでバイトしていたときにお世話になった広子元店長。
今は食養通でもあるリフレクソロジストとして長野で活躍されています。

アロマオイルをたらしたお湯で足湯をさせていただいてから
膝から下をゴイゴイもみほぐしていただきました。

広子さんの手の熱いこと!
40度くらいあるんじゃない?というかんじでした。
お風呂の温度くらいかな。

腸が不調のせいか、そこに対応した足裏の部分が痛気持ちよく、
足の裏から内臓に向けて押し上げられるような感覚でした。
そしてもみはじめてすぐに腸がゴロゴロと動くのがわかりました。

施術後、今おなかがはっています。
明日の体の変化がたのしみです。

食事もそうですが、継続することに効力があるので、広子さんのリフレも続けて受けてみようと思います。

次回はテトアテトにて。

ずくなしでのリフレのお代は物物交換とのことだったので、わたしの大好きな本とミッキー型マフィンを焼いてお持ちしました。
施術に見合うかどうかわかりませんが、わたしの中で価値のあるものを。

物物交換て、難しいですね。
相当高度なコミュニケーション能力が要されるように思います(笑)

広子さん、大切に受け取ってくれてありがとう!

またお願いします☆

e0239118_17312356.jpg
[PR]
# by SachikoAkimoto | 2011-09-13 17:33 | 健康 | Comments(2)