人気ブログランキング |

歌う寺嫁 さちこの つれづれ精進茶和日記

sachikoa.exblog.jp
ブログトップ

タグ:お寺 ( 25 ) タグの人気記事

家族

雪がちらちらと舞うようになりました。
いよいよお寺の本堂が冷凍庫と化す季節到来です。笑

そんな冷え込みの厳しい昨晩、お寺で義母の誕生日をお祝いしました。
サプライズで!

80歳を迎えた義母は、私が嫁に来た頃に比べるとだいぶ背中も曲がり、重いものを持てなくなったり高い所に手が届かなくなったりしていますが、足が動くので、今でもお寺のことをよくやってくれます。

昨年の冬に義父が亡くなりちょうど一年。
最初は落ち込んでいた義母も、今はやっと元気になってきました。

ホールケーキにろうそくをたて、部屋の電気を消し、家族でハッピーバースデー♪を歌い、義母がろうそくの火を吹き消す。
拍手と共に部屋の電気をつけて、おめでとう!とみんなで義母を囲むと、とても柔らかい表情で喜んでくれました。

ケーキを多めに切り分け、1ピースを小皿に乗せて義父の祭壇にもお供えしに行こうとしたら、後から娘や夫や義母もついてきて、家族全員でお供えする形に。
それぞれの思いを胸に、みんなで手を合わせました。

一年はあっという間で、明日のことは誰にも分からない。
今この時を味わうことはいつも難しいけれど、一瞬一瞬を受け入れ、抱きしめ、微笑んでいたい。

みんなで今一緒にいられることは、なんてはかなくて尊いことかと思った夜でした。

感謝とともに。



by SachikoAkimoto | 2019-12-08 10:39 | お寺 | Comments(0)

覚悟のステージ

e0239118_18453614.jpg

10月4日のこと。

曹洞宗婦人会の研修大会にて、なんと歌う機会をいただきました。

お寺に嫁に来てから、とにかく「腰は低く、目立たないように。」と義母から教育されてきましたが、
こんなことになってしまいました。笑

伝統のある世界ではどこも同じだと思いますが、
若い人はなかなか発言権がなく、縦社会に順応するのが生き延びる道。
嫁なんて本当に小っぽけな存在です。

でも、私は難病を患って色々な人に助けてもらい、大切なことを学び、
それを誰かに聞いてほしい、
聞いてもらうにはどうしたらいいんだろうと、考えるようになりました。

そして思い付いたのが
『歌で表現する』こと。

歌ならみんなが聞いてくれる。
何年もかかってわかったことが1曲3分で伝わる、と。

そうして細々と歌いつづけてきましたが、
とうとう大勢の寺族の方々の前で歌う機会が与えられました。

不安と期待が入り交じる中、意を決してステージに上がり、心をひらいて正直に歌いました。
e0239118_18583683.jpg

すると、会場中の皆さんが真剣に耳を傾けて下さり、私も気づけば夢中で歌っていました。

聞いてくれる人がそこにいること。
なんてありがたいことなんだろうと感動しながら歌いました。

聞いてくれる人も、きっと色々なご苦労を経験されてきたのだろう、
だからこんなに真剣に耳を傾けて下さるのではないかと感じました。

コンサートが終わると皆さん笑顔に。
「良かったよー!」「涙出ちゃった。」「いい時間だったよ。」と
声をかけていただき、私も笑顔に。
e0239118_19034444.jpg

そこに誰かがいてくれて、ここに私がいる。
受けとめてくれる人がいて、歌うことができる。

本当に幸せを感じるコンサートでした。

時代は令和になり、新しい世界が始まっています。
自分もそろそろ腹を決めて、新しい道を創造せねばと思うこの頃。

その覚悟を決めるような、そんなステージでした。
感謝とともに。



by SachikoAkimoto | 2019-11-14 18:45 | お寺 | Comments(0)

奇跡の輪ゴムが呼んだほんとの奇跡

それは、ある日突然目に飛び込んできた奇跡。

夕飯の支度をしようと食卓の上を片付けていると、、、

なんと輪ゴムがト音記号になっているではないか!!??
e0239118_14491129.jpg
あまりにもきれいにト音記号に変身しているので、興奮して娘を呼びつけ、写真を撮り、

しばらく眺めたのでありました。

「これは何か音楽的に面白い奇跡が起こるのかもしれない!!」なんておしゃべりしながら110.png169.png





そして、、、その奇跡は本当にやってきたのでした。
e0239118_14485565.jpg
先日見に行った「谷川俊太郎さんと谷川賢作さんの朗読とピアノのライブ」でのこと。

学生時代に図書館で読み漁って涙し、今でも宝物としてわたしの本棚に並んでいる谷川俊太郎さんの詩集。

雲の上の人と思っていましたが、目の前でご本人の朗読を拝聴し、朗読ならではの言葉のリズム、音程、間を感じながら、

この数十年、ずっと自分の心のそばに谷川さんの言葉があったことを思い、また涙。



さらに息子さんの賢作さんの素ん晴らし~いピアノを目の前で生で堪能し、

恍惚感にひたりました。

賢作さんのピアノはジャンルの垣根がなく、「詩の世界を音にしたらこうなりました」といったような世界感。

時には大きな舞台を見ているようなスケール感、またある時は部屋でひとりで目を閉じているようなマクロ感、

音の連なり、重なりがまるで言葉そのもののような、文学的でもあるピアノにノックアウトされました。(幸)



そして賢作さんが「楽譜ほしい方がいましたら差し上げますよ~。」と。



・・・


え?楽譜くれる??


・・・


あの賢作さんの楽譜、もらえるんですか???


・・・


ほしい!!

ということで、終了後に連絡先をお渡しして帰って来たところ、

さっそく翌日にFAXとメールで3曲送ってくださりました。



ほ、ほ、ほんとに来た・・・!?



もう、それはそれはうれしくてしあわせすぎて、すぐに弾いてみました!

(また宝物が増えてしまった。笑)


そして、いつかうちのお寺に演奏に来ていただきたいとお願いしてみたところ

お寺さんにも、ぜひよんで頂けたら。私はどこでも飛んで行きます!」と快いお返事が。



なんだ、この、信じられない展開は・・・!



きっと、ト音記号になった輪ゴムのせいに違いない。笑!













by SachikoAkimoto | 2019-09-01 15:22 | 音楽 | Comments(0)

子育て地蔵盆2019 無事に終了しました。

e0239118_10200897.jpg

昨晩、子育て地蔵盆が無事に開催されました(*^_^*)

心配していた雨雲もどこかに流れていってくれたようで、例年通り境内に提灯をぶら下げて花火などを楽しむことができました。
e0239118_10202771.jpg


言葉通り「例年通り」だったわけですが、この「なんでもない奇跡」を守る地味な努力が、なんだか楽しくなってきたこの頃です。笑

お地蔵さんの前の手作りの組立式祭壇は、昔の世話人さんたちのアイディアから生まれたものだし、提灯用の電球を保管する卵パックも昭和のもの。
e0239118_10224136.jpg

e0239118_10224115.jpg


工夫され、整えられた備品のおかげで、令和になった今でもスムーズな準備でお参りの方をお迎えすることができています。

それを毎年同じ日に同じように開催できること、貴重な機会に携わることができてとてもありがたいです。

今年から住職が代わりお経の声が変わりましたが、本堂ではいつものようにわらべうたの素朴な歌があふれ、境内では花火が賑やか、わたあめも大人気な地蔵盆になりました。
e0239118_10211083.jpg

e0239118_10211100.jpg

e0239118_10211256.jpg

e0239118_10211221.jpg

e0239118_10211303.jpg


これで夏のお寺の行事も一段落。
夜には虫の声も涼やかで、なんだかできすぎのような時の流れをやっと感じられた夜でした。

支えてくださった地域の方々、お参りいただきました皆さん、わらべうたの坂野知恵さん、綿あめの玉井さん、子どもたちの健やかな成長への祈りを込めて心から感謝致します。

by SachikoAkimoto | 2019-08-24 10:19 | お寺 | Comments(0)

栽松院のツイッターアカウントができました。

すっかりネット社会の昨今。
今ごろですが、、、(笑)
栽松院のツイッターアカウントができました!

年に一度の蚤の市やお寺コンサートなどの情報などをお知らせできたらと思います。

ご覧いただけたら嬉しいです。
栽松院ツイッターアカウントはこちら
by SachikoAkimoto | 2019-08-22 14:51 | お寺 | Comments(0)

子育て地蔵盆2019

お盆が過ぎて急に秋らしくなった長野市です。
夜には虫の声が心地よいですね。

ゆったり夏の終わりの行事を行いたいと思います。

e0239118_14424368.jpg

令和一年 8/23(金)
今年も子育て地蔵盆を開催します。
(*^o^)/\(^-^*)

例年通り
18:00~お経(地蔵尊前)
18:30~わらべうた(本堂)☆わらべうたうたいの坂野知恵さんがやって来ます!
19:00~花火(境内)
の予定です。

子どもたちの健やかな成長を祈って、
雨にも負けず(?!)開催致します!
e0239118_14422989.jpg


本堂でのわらべうたも毎年大人気!
e0239118_14463247.jpg

e0239118_14463232.jpg

e0239118_14463258.jpg

延命庵でも同時開催です!
e0239118_14471868.jpg

子どもたち、み~んな元気で大きくなぁーれ(*^-^)/\(*^-^*)/\(^-^*)

どうぞお気軽にお参りにお立ち寄りください。
by SachikoAkimoto | 2019-08-22 14:37 | お寺 | Comments(0)

ライブは一期一会

e0239118_21361419.jpg

はっきりしないお天気が続きますね。

今日は三水の松雲寺さんで演奏させていただきました。(*非公開ライブです。)

町から離れて松雲寺さんのある山へと入っていく道は、
視野の9割が緑!
山に田んぼに、日本の貴重な風景に癒されながら向かいました。

昨年も歌わせていただいたので、1年ぶりに皆さんのお顔を拝見できてとっても嬉しかったです!

e0239118_21413814.jpg


ご住職ご夫婦も、いつも気さくに迎えてくださり、お檀家さまの皆様もあたたかく声をかけてくれて、肩肘張らずに等身大で演奏することができました。
課題はたくさんありますが、、、リラックスして歌わせていただき、心から感謝です。

e0239118_21434874.jpg

音楽は、不思議と時を忘れさせますよね。

演者も時を忘れます。


こうしてご縁をいただき、歌う場を与えられ、
一期一会の出会いをいただき幸せです。


感謝とともに、改めて自分の道を邁進しようと思うのでした。



by SachikoAkimoto | 2019-07-15 21:35 | 音楽 | Comments(0)

脱力に気づくの巻き その2

脱力によって小さな音の世界に行きついたのですが、
そのような演奏ができる時とできない時があります(ー_ー;)

ただ脱力するだけでは、芯のない音楽になってしまい、ただの小さい音になってしまう。

できるだけ自分の表現したい世界をイメージして
それ以外の、不必要な音や力を捨てること。

そうです。
かなりの集中力が必要な訳です。

より集中するには、
力に頼らずとも良く声の鳴る喉の維持、
声を響かせる筋肉の維持、
鍵盤と一体になった指、腕、体の維持、
それらを自由自在に(ある程度無意識に)使える感覚、健康。
たくさんの条件が必要!

はい、脱力の演奏のためには、
「毎日のトレーニング」しかないですね!

日常生活においても同じ!


地道にコツコツと♪





by SachikoAkimoto | 2019-07-13 17:16 | 音楽 | Comments(0)

自由とは

e0239118_17080129.jpg

先日の本郷教会オープンチャーチでの演奏、心を込めて歌わせていただきました。

新しい讃美歌や、古い黒人霊歌や、オリジナル曲を自分なりにアレンジした弾き語りと、
コールけやきの皆さんとご一緒させていただいた曲。
どれも自分にとって大切な演奏となりました。

本郷教会は25周年を迎えられ、建物は10周年になるそうです。
教会を立ち上げるのにどれだけのご苦労があったかと思うと、この日のオープンチャーチもしみじみと感謝の気持ちが湧いてきます。

私も毎週水曜日に本郷教会の聖書研究祈祷会に参加させていただいており、日々学ばせていただいています。
こんなお寺の嫁でも受け入れて下さり、自分もお寺で見習いたいです。

いつの時代も不安や心配は尽きませんが、
人々の心に平穏がありますようにいつも祈っています。
by SachikoAkimoto | 2019-06-18 17:07 | お寺 | Comments(0)

本葬儀

e0239118_15093689.jpg

義父の本葬儀が無事に終わりました。
亡くなってから5か月。
長かったような、あっという間だったような。

気持ちは、急な変化についていくのにやっとですが、季節はいつの間にか移っているものですね。

沢山の方に送られて、家族として本当にありがたいと感じました。

平成から令和に変わったように、時代はどんどん進んでいくんだなぁとしみじみ思うこの頃。

やることは相変わらず山積みで、毎日が全力だけど、動ける心身があることに感謝です。

変わるものと変わらないもの。

どちらも大切に、やわらかく、愛をもって生きていくことができますように。
by SachikoAkimoto | 2019-05-29 15:09 | お寺 | Comments(0)