歌う寺嫁 さちこの つれづれ精進茶和日記

sachikoa.exblog.jp
ブログトップ

タグ:卵巣嚢腫 ( 3 ) タグの人気記事

潰瘍性大腸炎持ちの卵巣嚢腫腹腔鏡手術③

手術後2日目、5月30日。
痛みはだいぶ減りました。まだ痛いけど痛み止めはもういらない感じでした。(人によるそうです。)
わたしの場合腰が痛くなってしまい(ベッドのせい?)、歩くときに腰を曲げて歩いていたので、
だいぶ傷が痛いと思われていましたが、そうではありません。笑

そしてなんともうシャワーOKとのこと。
おそるおそる傷口のテープは貼ったままシャワーへ。
ふらふらすることもなく、無事入浴。

そしてこの日から食事は常食に。
急に普通に炊いたご飯、ハンバーグ、野菜のナムル、プリンなどが3食出ました。
「大腸、大丈夫かなぁ・・・?」と思いつつ、うれしくてついつい食べてしまい、
これがあとあと苦しいことに。

あまり体も動かせない上に、浣腸で刺激し全身麻酔で動きが鈍くなった大腸。
いきなり普通の食事を食べてしまい、案の定消化不良に。

腸がはって息が苦しく、脇腹や横隔膜(大腸の形に添うライン)が筋肉痛のような痛みを起こし、
呼吸するたびに痛い。
歩くときも痛い。

またまた身をかがめて歩くので傷口が痛むのかと誤解されることに。笑

術後の病院食は、出された量の半分をよく噛んで食べるのがいいと思います。

そしていよいよ退院の日。
5月31日。医師の退院診察を受けました。
手術した部分や卵巣からの出血はなさそうなのに、なぜかダラダラと出血が続いていたので、
様子見ということに。またもや不正出血かも、と。
ま、手術というこれ以上ない刺激をしたので仕方ないよね、と思い、退院の準備。

傷口はもうかさぶたになっていました。
傷口がきれいに治るというシリコンシート「Lady Care 3(レディケア)」という粘着シートのようなものを買って帰りました。

家に戻る途中に、ヨーグルト・納豆・ミルミルなどの乳酸菌セットを買い込み、今度は大腸のケアに。
全身麻酔の影響で腸・肺・腎臓などもダメージを受けてしまったので、
家に帰り少し官足マットを踏みました大腸の反射区は念入りに。
食事も小食に。
夜は早めの就寝

大腸ケアに集中した翌朝、やっと普通の便が出て、おなかもスッキリ。
呼吸も楽になりました。出血も減ってきています。
あとは少しずつ傷と体力の回復をしていけばいいかなというところまできました。

「2週間は安静に。1か月は気を付けて生活を。」
とのことなので、次の診察までは養生です。

とりあえず、潰瘍性大腸炎が顔を出さずにいてくれたことがありがたい!
普通の卵巣嚢腫の腹腔鏡手術となりました。

ちなみに広島漢方は手術当日以外は毎日飲み続けています

つづく・・・(^-^)




[PR]
by SachikoAkimoto | 2018-06-01 11:58 | 健康 | Comments(0)

潰瘍性大腸炎持ちの卵巣嚢腫腹腔鏡手術②

続きです。

手術の終わったその日の夜。
1~2時間置きに看護師さんが来て、血圧、酸素、体温を計測して一晩中体調を観察してくれました。

痛みは傷口の痛みと、ひどく重い生理痛のような痛みがあり、
点滴で痛み止めを入れてもらいました。
眠ったり起きたりを繰り返し、寝返りは看護師さんに手伝ってもらって、
なんとか朝に。

5月29日、朝目覚めると、体中がむくんでパンパン!
顔は別人のようで、手も足もパンパンでした。
全身麻酔の強さを実感。

そして体温と血圧を測定すると微熱で安定していて、意識もわりとはっきりしていたので、
「トイレまで歩いてみましょう!」とのこと。
えー!?もう歩くの!?と思いながら傷の痛みに耐えてベッドから起き上がり、
立ち上がってみると、看護師さんの支えなしで歩けるではないですか。
トイレまで行けたので、膀胱につないでいた管を抜いてパジャマに着替えました。
(血栓予防のストッキングは履いたままです。)

水分をとってもよいとのことで、ベッドに戻り白湯を飲みました。
歩けるとはいえ、傷は痛いしベッドに戻ればヘトヘト。
用意していたストロー付きの娘の昔のコップを使いました。
e0239118_11172427.jpg
とても便利でした。

この日から少しずつ歩いて腸を動かし、ガスを出して腸閉塞を予防しましょうとのこと。
術後は傷が他の臓器と癒着してしまうので動いたほうがいいらしいです。

でも傷が痛くて、出血もまだあり、なかなか思うようには動けませんでした。
もう一度痛み止めを出してもらい服用。
トイレにいくと泥状便がほんの少量出ました。
看護師さんに聞くと「お浣腸の残りでしょうね。」と。
大腸炎ではなさそうでひと安心。

昼食は流動食、夜は全粥でした。

夜は痛み止めなしで眠れました。

つづく・・・(^-^)


[PR]
by SachikoAkimoto | 2018-06-01 11:27 | 健康 | Comments(0)

潰瘍性大腸炎持ちの卵巣嚢腫腹腔鏡手術①

今年の1月に発覚した卵巣嚢腫。
5月27日より入院して5月28日に手術し、5月31日に退院しました。

わたしは持病に潰瘍性大腸炎を持っているので、同じ状況の方の参考になればと思い、
報告&記録としてブログに記しておこうと思います。

わたしは3年前より潰瘍性大腸炎患者の間では有名な広島スカイクリニックの漢方薬を3年間飲んでいます。
この3年で再燃したのは1度だけ。しかも1日だけでした。

健康に過ごす毎日の中で、今年1月に突然不正出血があり、近所の産婦人科を受診しました。
検診の結果、両側性卵巣嚢腫

卵巣の中に水がたまり、通常2cmほどの卵巣が左8cm右5cmにはれているとのこと。
放っておくと捻転や破裂の危険性があり、手術を勧められ、日赤を紹介されました。

その後日赤の外来で様子を見つつ手術の予約(空きがなくなかなか予約がとれませんでした)をとり、
体調管理をしつつ日常生活を送る日々。
痛みが全くないので、気を付けつつライブなどもやっていました。

そしていよいよ入院の日の4日前、娘の中学校の地区PTAの仕事で早朝街頭指導に立った日。
急に気温が下がり強風の朝でした。
体が冷えたのか、その日の午前中に下痢。
「まずい、手術の前に大腸炎が出たらヤバい・・・。」と焦り、
食事をお粥やうどんにしたり、市販の整腸剤を飲んで様子を見ていました、
が、結局おなかはゆるいまま5月27日の午後入院。

翌日の手術のために下剤を飲むとのこと。
下剤は「ピコスルファート」でした。
前もって広島の先生に確認済みで、飲んでもOKとのことだってのですが、
おなかもゆるかったので半分の量を飲むことに。

これが、、、効かなかったのです・・・。

翌朝、手術当日、お通じがなく、看護師さんに浣腸をしてもらいました。
トイレにかけこみお通じを待っていると、ものすっごい腹痛が!
潰瘍性大腸炎で入院していた時を思い出させる激痛、しぶり腹。
「ヤバイ・・・、下血したらどうしよう・・・。」とまたもや焦りましたが
セーフ・・・。
大腸炎は出ませんでした。

朝から絶飲食で待機し、午後2時30分、手術室へ。

全身麻酔であっという間に眠らされ、気づいたらもう「手術おわりましたよー。」の声。
体に心電図、酸素マスク、点滴、両ふくらはぎに血栓予防のストッキング&ポンプを付けられ、
麻酔でくらくら目が回ったり眠かったりするまま夜に。

長くなるので、続きは改めて(^-^)







[PR]
by SachikoAkimoto | 2018-06-01 11:07 | 健康 | Comments(0)